汪皇后

明の景泰帝の皇后

汪皇后(おうこうごう、1427年 - 1507年)は、景泰帝の廃皇后。

汪皇后
の皇后
在位 1449年12月16日 - 1452年5月20日

別称 孝淵粛懿貞恵安和輔天恭聖景皇后
出生 宣徳2年(1427年
死去 正徳元年12月23日
1507年1月5日
埋葬 景泰陵
配偶者 景泰帝
子女 固安公主、公主
父親 汪瑛
テンプレートを表示

生涯編集

金吾衛三品指揮使であった汪泉の孫娘。正統年間、郕王朱祁鈺(後の景泰帝)の邸に入り、正室となった。2人の女子を産んだ。土木の変により景泰帝が即位すると、皇后になった。父の汪英は正一品都督に封じられた。

気性の激しい女性だったといわれるが、しかし良妻として名高い。景泰3年(1452年)、景泰帝は甥の皇太子朱見深(後の成化帝)を廃すと、実子の朱見済を皇太子に立てようと図った。汪皇后はそれに反対したが、景泰帝は激怒して汪氏を廃し、代わって杭氏(朱見済の母)を皇后に立てた(景泰年間に崩じた)。奪門の変後、汪氏は郕王妃に降格した。

正徳元年12月23日(1507年1月5日)、薨去した。王鏊中国語版の建議により、妃の礼で葬られ、皇后の礼で祭祀された。また、貞恵安和景皇后という簡素な諡号が贈られた。南明において弘光元年(1645年)、孝淵粛懿貞恵安和輔天恭聖景皇后の諡号に改められた。

子女編集

  • 固安公主
  • 公主

参考文献編集

  • 『明英宗実録』
  • 明史