決定!全日本歌謡選抜

日本のラジオ音楽番組(1977-1990)

決定!全日本歌謡選抜』(けってい!ぜんにほんかようせんばつ)は、1976年4月 - 1990年10月7日の毎週日曜13:00 - 16:30に文化放送ほかで放送されたラジオ番組である。

決定!全日本歌謡選抜
ジャンル 音楽ランキング番組
放送方式 生放送
放送期間 1976年4月4日 - 1990年10月7日
放送時間 毎週日曜13:00 - 16:30
放送局 文化放送ほか
ネットワーク NRN
パーソナリティ 小川哲哉
丹羽孝子
水島裕
大原のりえ
谷沢尚美
特記事項:
1982年よりトヨタ自動車提供となり「TOYOTAサンデースペシャル 決定!全日本歌謡選抜」。また、文化放送以外の局ではパーソナリティなどが異なる。
テンプレートを表示

概要編集

毎週、電話によるリクエストを元に、邦楽ランキングを決定するベストテン方式の音楽番組。パーソナリティーは当初小川哲哉丹羽孝子(当時文化放送アナウンサー)。1988年4月からは水島裕大原のりえに交替。さらに1989年4月には水島のみ残り、大原から谷沢尚美(当時文化放送アナウンサー)に交替した。

立ち上げの経緯編集

文化放送では、同様のランキング番組として1962年(昭和37年)4月改編でスタートした『全国歌謡ベストテン』があったが、火曜会との共同制作による事前収録番組で速報性に欠け、なおかつ制作の主導権を火曜会に握られたため独自性を出すことも出来なかった。

そんな中、1974年(昭和49年)、裏番組のラジオ関東競馬実況中継』が土・日曜共に日本中央競馬会(NCK。現・JRA)東日本主場全レース放送となる。当時中央競馬の放送が不定期だったニッポン放送・文化放送のフジサンケイ系在京ラジオ2局は1976年(昭和51年)度から中央競馬中継を毎週放送することになった。両局間で調整した結果、午後からのレースはニッポン放送が引き受け『日曜競馬ニッポン』を開始、文化放送は「生放送ベースの独自ヒットチャート番組」として当番組を開始し、競馬はメインレースのみの中継とした。

当初は特定のスポンサーは無く、レコードの新譜発売のCMを中心とした、いわゆるPT枠だったが、1982年(昭和57年)4月改編でトヨタ自動車一社提供に付く。ここでタイトルに「TOYOTAサンデースペシャル」と冠された(「サンデースペシャル」という冠がついたのは1985年あたりから)。文化放送以下、NRN加盟の北海道放送HBCラジオ)、東海ラジオラジオ大阪(1982年4月より放送開始)の各局で放送されていたが、局ごとに集計も異なっており、番組内容、パーソナリティも全く異なる企画ネットものだった。なお、九州では当番組の放送は無かったが、同義となるランキング番組で、日曜午後に放送されていたRKB毎日放送RKBラジオ)『ベスト歌謡50』の後半15・16時台が「TOYOTAサンデースペシャル」と冠された。ただ、全国チャートのデータを提供していた九州朝日放送KBCラジオ)は企画的に類似していた『輝け! 全日本歌謡ランキング』を放送していた。また、番組がネットされていない秋田放送東北放送ラジオ関西等からもデータ提供を受けていたが、これらは『全国歌謡』向けとは違うものだった。

基本構成編集

毎週13:00から15:30までは、ゲストとのトーク(突発的に現れるゲストも多かった)や注目曲を流す(そのバックでリクエストを受けるオペレーターの電話のやり取りが聞こえる)。ゲストコーナーでは小川がアイドル歌手に対してタメ口を使い、呼び捨てあるいは愛称で呼ぶのも特徴だった。新譜は、見本盤にもなっていないテープの段階で放送される事が多かった。

電話リクエストは15時に締め切られたが、その集計時間確保と小川・丹羽の休憩を兼ねて、番組の初期(1980年代前半まで)のころの15時からの30分間、野末陳平がメインパーソナリティーを務めるコーナー(音楽情報とは無関係の内容)が存在した。また、1982年(昭和57年)4月改編まではこの時間帯に中央競馬メインレース中継が差し込まれていた。

そして、15:30より、集計結果がまとまったベスト50の発表がある。50位から順に発表があり、10位ごとに、小川と丹羽のランキングの発表者がチェンジする(初登場の曲発表と急上昇曲(5ランク以上アップ)の曲には、発表と同時に、ピピピピッという電子音が鳴る)。その発表の際に、オペレーターの拍手が都度流れるのも恒例。また、当初より、全ての曲をフルコーラスかける事を特徴としていた(もっともイントロ部分は、小川や丹羽のしゃべりがかぶる)。ランキングの発表が始まる15:30以前に、既に曲がかかっている場合もあるが、ランキングに則して曲が流れるのは、上位10曲のみ(すなわち、番組内で、2度同じ曲が流れる時も多い)。5回連続で1位になると銀賞、10回連続なら金賞が授与された。これは、番組で最初に5週連続1位となった山口百恵の「愛に走って」が、5週連続1位になった時に急遽設けられた賞である。

紅白対抗戦編集

歌い手の性別に基づく紅白対抗戦が行われた。白組が男性歌手、紅組が女性歌手で分け、集計した上位50曲に対して、50位が1点、49位が2点 と順位が上がるごとに点数も1点ずつ上がり、3位が48点、2位が49点、1位が50点という得点を付与[1]。紅白の得点が多いほう(組)を勝利チームとし、勝利チームにリクエストしたリスナーにプレゼントがもらえた。文化放送が『SCD50』へのリニューアルの際に取りやめた後も、OBCでは1994年(平成6年)4月改編まで紅白対抗の企画を続けた。

SCD50へのリニューアルとその後編集

当番組は1990年9月に終了し、翌10月に『TOYOTA SUPER COUNTDOWN 50』へ引き継がれる、1994年4月に金曜日の21:30へ枠を移動し、『FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50』→『スパカン!』となる。『全国歌謡』も1997年(平成9年)10月改編で合流させたが、『全国歌謡』の直接の後継番組で『SCD50』の録音ダイジェスト版だった『SUPER COUNTDOWN 10』が2006年(平成18年)に終了。SCD50をリニューアルした『スパカン!』も2015年(平成27年)4月改編限りで打ち切られ、53年間に渡った文化放送制作ヒットチャート番組の歴史が、A&G関連曲専門の『こむちゃっとカウントダウン』を残して途切れた。

文化放送以外のパーソナリティー編集

鎌田強&野宮範子天野博章&野宮範子 → 赤城敏正&佐古千春
(全員、当時HBCアナウンサー)
河伯河原龍夫 (アシスタントは、重光久美井上池鶴谷口キヨコ
立原啓裕&横山由美子
  • 1982年4月の同局オリジナル版放送開始より終了時まで一貫してこのコンビの司会で放送された。後番組の「SUPER COUNTDOWN 50」も続投(1993年9月まで)。

東海ラジオ版におけるエピソード編集

  • この番組の放送期間中、同局の時報CM日産自動車が担当していたが、『決定! - 』のオンエア時間中には当然流れなかった(時報音もなし)。ちなみに文化放送版も、昼ワイドとしては珍しく、放送時間内の時報は放送されなかった。
  • 14時前後には、必ず伊勢湾フェリーの当日の運航状況を伝えるインフォマーシャルを流していた。
  • オンエア当日、中日ドラゴンズ主催(主にナゴヤ球場)のデーゲームが行われていても、東海ラジオにおいては『決定! - 』が通常通り放送される事が少なからずあった。これは当時、名古屋地区では、東海ラジオがヤクルトスワローズ(ヤクルト)及び横浜大洋ホエールズ(大洋)主催試合(週末デーゲームと平日はニッポン放送、週末ナイターは文化放送制作)を、CBCラジオ巨人主催試合(TBSラジオ制作)をそれぞれ独占放送していたことに加え、両局とも中日新聞社の関連企業であったことから、中継本数のバランスを取るために行われた措置と思われる[2]
  • 中日のデーゲームのうち、ビジターの試合の主催(ホーム)がヤクルトまたは大洋の場合は当該デーゲームを中継し、『決定! - 』を休止または当日夜に時間を変更して放送していた。この2球団のデーゲームは、ニッポン放送が東海ラジオ向けに裏送り中継を製作していたことから、制作局であるニッポン放送のアナウンサーが「本日のTOYOTAサンデースペシャルは…」と告知する、という奇妙な現象が起こっていた[3]
    • ちなみに文化放送・ラジオ大阪の場合、地元にプロ野球球団はあるものの、両局ともデーゲーム中継は原則として行わない方針を採っていたため、『決定! - 』は日本シリーズ開催時を除き、原則として休止にはならなかった[4]

中央競馬中継との関係編集

前番組の『ダイナミックレーダー・サンデー生ワイド』(当番組と放送時間は同じ)においても15時台に中央競馬メインレース中継が挿入されており、八大競走および東日本主場の重賞競走のみ中継された。またラジオ大阪でも1970年(昭和45年)4月改編でスタートした『OBCサンデー競馬』という番組があった。

1982年(昭和57年)4月改編でトヨタが一社提供に付いた際、両局ともに競馬放送はいったん廃止となった。この時、『OBCサンデー競馬』に解説者として派遣されていたサンケイスポーツ大阪本社の競馬担当記者は、ラジオたんぱに異動した。文化放送ではNRNのスポーツニュース向けや自社の資料用として引き続きGI競走の実況録音を制作したが、ラジオ大阪は制作自体も無くなった。

競馬コーナーが本格的に復活したのは、『SCD50』が金曜日に移動した1994年(平成6年)4月改編からで、文化放送は『サンデーSUPERキンキン』(10:00 - 16:45)の一コーナーとして東日本主場メインレースのみ挿入、ラジオ大阪は『ドラマティック競馬』を立ち上げて西日本主場の午後のレース(のちに全レース)中継を再開した。なお、ラジオたんぱの後身のラジオNIKKEIは現在でも、サンスポ大阪の競馬担当記者を解説者として出演させている。

補足編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 男女デュエット曲の場合は、点数は紅白二等分で、男女混合グループの場合はメインボーカルの性別で加算した
  2. ^ その後、中日新聞社の要請でニッポン放送がCBCラジオへの大洋→横浜主催試合の裏送りを開始してからは、ホームゲームについては原則として全試合放送されるようになった。
  3. ^ 同様に在版2局(朝日放送ラジオMBSラジオ)に向けての在京局の裏送りでも、TBSラジオのアナウンサーがニッポン放送および文化放送の番組の告知を、ニッポン放送のアナウンサーがTBSラジオおよび文化放送の番組の告示を行ったねじれ現象があった(朝日放送ラジオ・MBSラジオがJRN・NRNのクロスネット局であり、TBSラジオ・ニッポン放送・文化放送の番組がNRN単独加盟のラジオ大阪も含めて3局に振り分けられていたため)。
  4. ^ ラジオ大阪はデーゲームは九州朝日放送への1977・1978年のクラウンライター・ライオンズ戦と1989年以降の福岡ダイエーホークス戦の裏送りが中心だった。

関連項目編集

類似形態の番組編集

文化放送 日曜13:00 - 16:30枠
前番組 番組名 次番組
決定!全日本歌謡選抜