沈丁花 (1966年の映画)

沈丁花』(じんちょうげ)は、1966年10月1日に東宝が配給した映画。東宝所属のスター俳優たちを集めて製作された千葉泰樹監督による、医者の家に生まれた四姉妹の結婚を巡る騒動などをコメディタッチで描いたホームドラマ映画である[1][2][3]。出演は無いが、高峰秀子が衣装監修として製作陣に名を連ねている[4]

沈丁花
監督 千葉泰樹
脚本 松山善三、千葉泰樹
原作 松山善三
製作 藤本真澄
出演者 京マチ子
司葉子
小林桂樹
杉村春子
仲代達矢
音楽 黛敏郎
撮影 中井朝一
編集 阿久根巖
制作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1966年10月1日
上映時間 91分
テンプレートを表示

あらすじ編集

キャスト編集

[5]

スタッフ編集

併映作品編集

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報1966年10月下旬号 p.43
  2. ^ キネマ旬報1966年10月上旬秋の特別号 p.99
  3. ^ 沈丁花”. 日本映画情報システム 文化庁. 2022年9月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 沈丁花”. 東宝公式. 2022年9月26日閲覧。
  5. ^ クレジットの表記方法、順序は公式サイトに従う。公式サイトにも記載されていない俳優名は記載しない。公式サイト掲載以外の俳優名の加筆は個別に出典をお願いします。

外部リンク編集