メインメニューを開く
沈埋トンネルに用いる沈埋函

沈埋トンネル(ちんまいトンネル)は、あらかじめ海底及び川底に溝を掘っておき、そこにケーソン(沈埋函)を沈めて土をかぶせる、沈埋工法で作られたトンネル

目次

工法編集

 
沈埋トンネルの断面図
  1. ケーソン製作 ケーソンを地上で構築する。
  2. 基礎工事 ケーソンを設置する部分に平らな穴を掘っておく(海中)。
  3. 曳航 両端をバルクヘッドという蓋で閉塞して浮上後、で目的の位置まで牽引する。
  4. 埋設・埋め戻し アンカーワイヤーで位置の調整をしながら、所定の位置に設置する。
  5. 内部構築 内部の仕切り壁などを構築する。
  6. 完成 側部と上部を埋戻して完成。

特色編集

海底及び川底にトンネルを作る際に、開削・シールドトンネルよりも浅く短距離にトンネルを作ることができるのがメリット。 欠点は、溝を掘る工事の際に海や川に少なからぬ影響が出ることがあるが、これに関しては開削工法でも同様なので工法として致命的弱点とはいえない。

おもな沈埋トンネル編集

 
新潟みなとトンネルの入口と換気塔
道路トンネル
鉄道トンネル

関連項目編集

外部リンク編集