メインメニューを開く
沈桂芬

沈 桂芬(しん けいふん、Shen Guifen1818年 - 1881年)、字は経笙または小山末の官僚。

江蘇省呉県(現在の蘇州)出身。1847年進士となり庶吉士に選ばれる。1863年、戸部左侍郎・山西巡撫代理となり、任地ではアヘン栽培を厳禁した。1867年軍機大臣となり、1869年には総理各国事務衙門大臣となった。同期の進士に李鴻章沈葆楨郭嵩燾馬新貽何璟らがおり、相互に助け合って洋務運動を推進していった。沈桂芬は中央政府で洋務運動を推進した漢人の代表であった。梁啓超は「清朝で漢人が政権を掌握する嚆矢となった」と評している。沈桂芬はまた清廉なことでも知られていた。死後に文定の諡号を贈られた。

先代:
英桂(イングイ)
山西巡撫
1863-1865
次代:
曽国荃
先代:
毛昶熙
都察院漢左都御史
1869-1870
次代:
龐鍾璐
先代:
鄭敦謹
兵部漢尚書
1870-1881
次代:
李鴻藻