沖井千代子

日本の児童文学作家

沖井 千代子(おきい ちよこ、1931年 - )は、日本の児童文学作家

来歴・人物編集

愛媛県生まれ、広島岩国で育つ。広島県立広島女子専門学校(現広島女子大学)卒業。2002年「空ゆく舟」で第42回日本児童文学者協会賞、第32回赤い鳥文学賞受賞。『びわの実ノート』同人。放送ではNHKお話でてこい」に「風の子フウタくん」の脚本を書いた。[1]

著書編集

  • 「くまのチロ吉ものがたり」田畑精一絵 実業之日本社、のち偕成社
1「もえるイロイロ島」1968
2「あらしのクリクリ谷』1970
3「はしれ!おく目号」1973
  • 『のぶことかがみのみち』田畑精一絵 実業之日本社 1970
  • 『ひばだこがんばる 越原左衛門ものがたり』岡本颯子絵 講談社 1975 のち青い鳥文庫
  • 『ホタルとぶ 越原左衛門ものがたり』田代三善絵 講談社 1976
  • 『歌よ川をわたれ』小坂茂絵 講談社 1980
  • 『こちら、いじめっ子対さく本部』小野かおる絵 金の星社 1983 のちフォア文庫
  • 『うちゅうからきたこぎつね』さとうわきこ絵 ひくまの出版 1985
  • 『C○D○虫歯たんてい団』小野かおる絵 学校図書 1987
  • 『おかしな火星人』伊東美貴絵 偕成社 1989
  • 『赤い円ばんあんパン号 くまのチロ吉ものがたり』田畑精一絵 偕成社 1992
  • 『空ゆく舟』石倉欣二絵 小峰書店 2001 文学の森

編集

  1. ^ 『空ゆく舟』著者紹介