沖 修司(おき しゅうじ、1956年[1] - )は農林水産技官九州森林管理局長、林野庁次長等を経て、第40代林野庁長官を務めた。退官後、国土緑化推進機構専務理事

人物・経歴編集

東京都生まれ。岡山県備前市が本籍で、岡山県に住んだのち、父の転勤で愛知県に移り、愛知県立岡崎高等学校を経て、1979年名古屋大学農学部林学科を卒業し、林学職国家公務員として農林省(現農林水産省林野庁入庁後、3年間の経済企画庁への出向等を経験[2][3][4][5][6]

1988年北海道森林管理局今金営林署長、1990年函館営林支局企画調整室長、1992年林野庁林政部企画課長補佐(年次報告班担当)、1994年林野庁業務部業務第二課課長補佐(土地利活用班担当)、1995年鳥取県農林水産部森林保全課長、1998年林野庁指導研究普及課課長補佐(総括)、2000年北海道森林管理局業務管理官(事業担当帯広分局)[7]

2001年林野庁国有林野部業務課技術開発調査官兼国有林野部経営企画課、2004年林野庁国有林野部業務課長、2008年林野庁国有林野部経営企画課長[2][7]。2009年林野庁九州森林管理局[7]。2011年林野庁国有林野部長、2014年林野庁次長、2017年林野庁長官[8]、2018年退官、国土緑化推進機構専務理事[9]

脚注編集

[ヘルプ]
先代:
今井敏
林野庁長官
2017年 - 2018年
次代:
牧元幸司