沖村 志宏(おきむら ゆきひろ、1970年 - )は、日本の撮影監督(カメラマン)。

大阪府出身。大阪府立清水谷高等学校在学中から“映画通”として知られ、授業でチャーリー・チャップリンが上映されたおりの補足説明役を行ったり、当時、主流となっていた8ミリビデオではなく、まだ残っていたが高価な8ミリフィルムにてミニ自主映画を撮影するなどの活動ぶりをみせていた。卒業後は大阪芸術大学を経て、日活撮影所に入社。撮影助手で経験を積んだ後、2007年に『サウスバウンド』で本格デビュー。

撮影作品編集

撮影助手ほか担当作品編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集