沖森 卓也(おきもり たくや、1952年7月20日 - )は、日本日本語学者立教大学名誉教授専攻日本語学

略歴編集

三重県伊賀市生まれ。沖森文庫として、伊賀で古書店を経営していた郷土史研究家沖森直三郎の孫。1975年東京大学文学部国文科卒業。1977年大学院修士課程修了。同助手1979年白百合女子大学専任講師、1983年助教授1985年立教大学助教授、1990年教授。2018年定年退任、名誉教授となる。

1999年「日本古代の表記と文体」で東京大学文学博士

著書編集

単著編集

  • 『日本古代の表記と文体』(吉川弘文館、2000)。オンデマンド版2013
  • 『日本語の誕生 古代の文字と表記』(吉川弘文館、2003)
  • 『はじめて読む日本語の歴史』(ベレ出版、2010)
  • 『日本の漢字 1600年の歴史』(ベレ出版、2011)
  • 『文章が変わる接続語の使い方-文の論理は接続語で決まる』(ベレ出版、2016)
  • 『日本語全史』(ちくま新書、2017)

共編・編著編集

論文編集

脚注編集