メインメニューを開く

沖田 さとし(おきた さとし、1958年3月25日[1] - )は、日本俳優。本名および旧芸名は渡辺 義之わたなべ よしゆき[1]

おきた さとし
沖田 さとし
本名 渡辺 義之
生年月日 (1958-03-25) 1958年3月25日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
身長 175 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
主な作品
テレビドラマ
ザ・ハングマンII
科学戦隊ダイナマン
部長刑事
いのちの現場から
映画

226
テンプレートを表示

大阪府出身[1]同志社大学中退[1][2]MC企画に所属していた[1]

来歴・人物編集

大学中退後、演出家を目指して上京[2]。約30倍の倍率を勝ち抜いて演劇集団 円の研究所に入り、1960年代から1970年代頃にかけて一世を風靡したコメディアン・平凡太郎の一座で役者と演出の腕を磨いた[2]

当初は本名の名義でテレビドラマに出演していたが、1982年からは芸名を「沖田 さとし」とする(芸名の由来は沖田総司から[3])。同年、テレビ朝日系『ザ・ハングマンII』に主要メンバー「ヨガ」役で出演し、知名度が上がる。翌年の1983年には、スーパー戦隊シリーズ第7作『科学戦隊ダイナマン』で弾北斗(ダイナレッド)役で主演を務めた[3]

その後は関西に拠点を移し、長寿番組『部長刑事』やドラマ30いのちの現場から』にレギュラー出演した他、時代劇などでも活躍。映画226』では、二・二六事件の決起将校の一人である対馬勝雄中尉を演じた。

1990年には、俳優業と並行してレストランのオーナーとなるが現在は倒産している。[要出典]また、講演活動も行っていた[4]

趣味は、読書テニス。特技は、スキー[1]スキューバーダイビング[1]関西弁[5]

2005年に、日常のコミュニケーションににおける表現について考えるグループ「表現の学校」を設立[6]2007年に一度グループを離れるが、2012年に復帰し中心メンバーとして活動している[6]。また、河内長野市の商工観光課の職員として、観光企画の手伝いをしていたことがあった[7]

『科学戦隊ダイナマン』放送当時、撮影と平行して大学に通っていた共演者の萩原佐代子にレポートの書き方を教えたことがある。[要出典]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 日本タレント名鑑2000』VIPタイムズ社、2000年、92頁。
  2. ^ a b c “正義の味方”の苦労も 沖田さとしさん語るダイナマン秘話”. ゲンダイネット. 2018年8月25日閲覧。
  3. ^ a b 超世紀全戦隊大全集 1993, p. 186, 「戦隊シリーズ キャストインタビュー 沖田さとし」
  4. ^ 沖田さとしさん講演会: 悠法律事務所
  5. ^ 日本タレント名鑑'88』VIPタイムズ社、1988年、52頁。
  6. ^ a b 組織の所信(I.O.E. The Institute of Expression)”. 表現の学校. 2018年8月25日閲覧。
  7. ^ 「ダイナマン」レッドの沖田さとし氏が河内ワインへ!!!:ロマネ金亭のつぶやき

参考文献編集

  • テレビマガジン特別編集 戦隊シリーズ20周年記念 超世紀全戦隊大全集』講談社、1993年11月14日。ISBN 4-06-178416-1

外部リンク編集