メインメニューを開く

沖縄県立武道館(おきなわけんりつぶどうかん)は、沖縄県那覇市沖縄県営奥武山公園内にある武道館である。

沖縄県立武道館
Okinawa Prefectural Budokan Arena Building.JPG
施設情報
管理運営 株式会社トラステック
敷地面積 7,660.735m²[1]
所在地 900-0026
沖縄県那覇市奥武山町52
位置 北緯26度12分16.7秒 東経127度40分27.4秒 / 北緯26.204639度 東経127.674278度 / 26.204639; 127.674278座標: 北緯26度12分16.7秒 東経127度40分27.4秒 / 北緯26.204639度 東経127.674278度 / 26.204639; 127.674278

1995年平成7年)2月1日に開館。アリーナは最大3000名収容可能で、武道以外にもコンサート展示会などの開催に対応できる。2010年開催の美ら島沖縄総体では弓道なぎなた柔道が開催された。2019年に南部九州で開催の感動は無限大 南部九州総体 2019では相撲となぎなたが開催。2018年には翁長雄志前沖縄県知事県民葬が当地で執り行われた。

2012年にはミス・インターナショナル世界大会が当地で開催され、吉松育美が日本人として同コンクール初のグランプリに輝いた。[2]

アクセス編集

沖縄県立奥武山公園体育館編集

沖縄県立奥武山公園体育館(おきなわけんりつおうのやまこうえんたいいくかん)は、現在沖縄県立武道館がある場所にかつて建っていた施設である。略称は奥武山体育館

海邦国体では柔道の会場として使用された。また、プロボクシングの世界タイトルマッチプロレス[3]の興行も開かれた。

脚注編集

外部リンク編集