メインメニューを開く

沖縄県道221号那覇内環状線

日本の沖縄県の道路

沖縄県道221号那覇内環状線(おきなわけんどう221ごう なはうちかんじょうせん)は沖縄県那覇市赤嶺と久茂地とを結ぶ一般県道

一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
沖縄県道221号標識
沖縄県道221号
那覇内環状線
起点 沖縄県那覇市赤嶺
終点 沖縄県那覇市久茂地
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号
Japanese National Route Sign 0329.svg国道329号
Japanese National Route Sign 0330.svg国道330号
Japanese National Route Sign 0507.svg国道507号
Japanese National Route Sign 0058.svg国道58号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

路線データ編集

歴史・特徴編集

  • 1953年(昭和28年)に真和志村(現那覇市)安里 - 古波蔵間が琉球政府道安里古波蔵線として指定。1965年(昭和40年)に政府道41号線に変更、区間も那覇市鏡原町 - 宜野湾市真栄原に延長・変更された(那覇市安里 - 宜野湾市嘉数はバイパスとして新たに建設)。
  • 1970年(昭和45年)に那覇大橋開通。
  • 1972年(昭和47年)の本土復帰と同時に那覇市古波蔵 - 宜野湾市真栄原が国道330号(1975年(昭和50年)に全線開通)、那覇市鏡原町(山下橋交差点) - 古波蔵が県道41号線となった。
  • 1980年(昭和55年)に県道41号線全線を含めた那覇市赤嶺 - 久茂地の区間を県道那覇内環状線として指定された。現路線名になった後もしばらくは那覇大橋通り方面は「県道41号」の表示だった。
  • 県道指定とほぼ同じ時期に小禄の米軍基地が返還され跡地にバイパスが建設され、1987年(昭和62年)に開通した。モノレールもこの道路を通ることが決まっていたため、モノレール用の用地も確保していた。開通後は急速に開発が進み、集合住宅が次々と建ち始めた。1993年(平成5年)には沖縄県内では初出店となるジャスコが開店、2003年(平成15年)には沖縄都市モノレール(ゆいレール)も開通した。また那覇空港に近いことからこの付近にはレンタカー会社も多く、1999年(平成11年)に現在の国内線ターミナルが完成してからは民間駐車場もオープンしている。ちなみにこの道路の旧道は田原の集落内を通るが、どこから(まで)が県道かわかりにくいため(信号機はある)、道を間違えると沖縄県道62号線に抜けてしまう(この道路は県道62号線には接していない)。
  • 那覇市楚辺与儀小学校前交差点 - 城岳小学校前の一部区間は道幅が狭く、長らく与儀小学校前の国道330号方面への一方通行だったが1998年(平成10年)に拡幅され、対面通行となり国道330号からの逆方向へも通れるようになった。
  • この道路は起点 - 古波蔵交差点は4車線だが、山下橋交差点はよく渋滞する。なお実延長の終点は那覇市樋川の那覇高校前交差点で、この先終点の松山交差点までは県道222号との重複になる。番号はこの路線が若いにもかかわらず同区間がもともと同県道の前身の県道45号線であったため、同県道が優先になっている。
  • 県道指定された当時、内環状線に対し、那覇市安謝から環状2号を通り糸満市潮平に至る那覇外環状線(県道220号、同時指定)という県道が存在していたが、そこは1982年(昭和57年)に沖縄県道82号那覇糸満線として主要地方道に昇格、僅か2 - 3年でその路線はなくなった。
  • 那覇内環状線と謳っている割には、北側が沖縄県庁に近すぎるため、市中心部を避けて通る環状線の本来の役目を果たしていないようにも見える。このため、将来はモノレールの通る壺屋側・またはただ那覇新都心を縦断するだけの那覇中環状線へ接続、大きく転回し、真の「環状1号」へと発展していくのではともいわれている(その場合現在の真和志支所地域が道路拡張の対象となる)。

路線状況編集

重複路線編集

  • 国道330号(那覇市古波蔵 - 楚辺与儀小学校前交差点)
  • 沖縄県道222号真地久茂地線(那覇市樋川那覇高校前交差点 - 終点)
  • 沖縄県道39号線(那覇市松尾 - 牧志・県道222号とも重複)

主な道路愛称・橋編集

  • 那覇大橋通り(山下橋交差点 - 古波蔵交差点)
    • 那覇大橋
  • 松尾消防署通り(那覇高校前交差点 - 松尾・県道222号と重複)
  • 一銀通り(牧志 - 松山交差点・県道222号と重複)

路線バス編集

  • 11番・安岡宇栄原線(那覇バス市内線) 那覇大橋通りの全区間
  • 17番・石嶺(開南)線(那覇バス市内線) 赤嶺 - 古波蔵交差点
  • 56番・浦添線(琉球バス交通) 赤嶺 - 那覇西高校入口
  • 89番・糸満(高良)線(琉球バス交通・沖縄バスの共同運行) 赤嶺 - 那覇西高校入口(小禄駅前経由のみ)
  • 101番・平和台安謝線(那覇バス) 那覇大橋通りの全区間
  • 105番・豊見城市内一周線(琉球バス交通) 山下交差点 - 新那覇大橋交差点

かつては赤嶺 - 山下間も通っていたが、2003年(平成15年)8月10日のモノレール開通後ルートが重複するため89番の那覇西高校経由を除いて廃止されたものの、2006年(平成18年)9月25日に那覇バスの営業所移転に伴うルート変更で17番・石嶺(開南)線が具志営業所まで延長されたため3年1ヶ月半ぶりに市内線の赤嶺 - 山下間のルートが復活した。

地理編集

通過する自治体編集

  • 那覇市

交差する道路編集

並行する鉄道編集

主要施設編集

関連項目編集

外部リンク編集