メインメニューを開く

沖縄県道74号沖縄嘉手納線

日本の沖縄県の道路

沖縄県道74号沖縄嘉手納線(おきなわけんどう74ごう おきなわかでなせん・主要地方道沖縄嘉手納線)は沖縄県沖縄市知花と中頭郡嘉手納町嘉手納とを結ぶ主要地方道。極東最大の軍事基地、嘉手納基地を横断している。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
沖縄県道74号標識
沖縄県道74号
沖縄嘉手納線
路線延長 6.443km
陸上区間 6.323km
起点 沖縄市
終点 中頭郡嘉手納町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0329.svg国道329号
Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号(国道329号と重複)
沖縄県道16号線
沖縄県道85号沖縄環状線
沖縄県道26号線
Japanese National Route Sign 0058.svg国道58号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
県道をまたぐ嘉手納飛行場の進入灯

目次

概要編集

区間編集

通過自治体編集

  • 沖縄市-中頭郡嘉手納町

交差する路線編集

重複路線編集

  • 沖縄県道16号線(全線・昇格前はこの路線だった)

主要施設編集

路線バス編集

以前は琉球バス交通の前身の琉球バスの運行していた謝苅線(63番)や中部循環線(94番)もここを通っていたが前者は終点を嘉手納から具志川に移転、後者は2003年(平成15年)に廃止された。

歴史編集

  • 1953年(昭和28年) 嘉手納村(現嘉手納町)嘉手納ロータリー - 具志川村(現うるま市)赤道が軍道16号線、同村赤道 - 与那城村(現うるま市与那城)西原が琉球政府道16号線としてそれぞれ指定。
  • 1972年(昭和47年)5月 軍道琉球政府道16号線がそのまま一般県道16号線となった(その後嘉手納ロータリーから読谷村大湾まで延長)。
  • 1974年(昭和49年) 国道58号那覇方面からの嘉手納ロータリーを避ける高架橋(一方通行)が開通。
    (開通当時 - 1978年(昭和53年)の730実施までは国道58号那覇方面への高架橋だった。2006年(平成18年)廃止)
  • 1976年(昭和51年) 県道16号線のうち沖縄市知花 - 嘉手納町嘉手納ロータリーの区間を現路線として主要地方道へ昇格。県道16号線は読谷村まで延長し、現路線の区間は被重複路線に。
  • 2008年(平成20年) 嘉手納ロータリーに代わる新嘉手納交差点完成。

特徴編集

  • 住宅街を離れると嘉手納基地が両側に見えるが、本土復帰当時からすでに通行している。南側は嘉手納基地、北側は嘉手納弾薬庫としているところもある。

関連項目編集

外部リンク編集