」(おき)は、俳誌。1970年10月、千葉県市川市から能村登四郎主宰、林翔編集で創刊。師系・水原秋桜子。誌名は登四郎の代表作「火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ」による。伝統に根ざした新しさを目指し、実作と論評の両輪で活動。また新人育成に力を入れ多数の若手俳人を輩出している。2001年4月より登四郎の息子能村研三が主宰を継承(登四郎は同年5月に死去)。2012年に通巻500号を達成。

主な参加者編集

括弧内は各自の主宰誌。退会者なども含む。

参考文献編集

  • 今瀬剛一 「沖」 『現代俳句大事典』普及版、三省堂、2008年、116頁
  • 阿部誠文 「沖」 『現代俳句ハンドブック』 雄山閣、1995年、132頁