沙州(さしゅう)は、中国にかつて存在した五胡十六国時代から初にかけて、現在の甘粛省敦煌市一帯に設置された。

概要編集

前涼張駿のとき、敦煌郡晋昌郡高昌郡西域都護戊己校尉・玉門大護軍の3郡3営を管轄する沙州が立てられた[1]

400年西涼李暠が沙州刺史を自称した。401年後秦姚興涼州を攻撃すると、沮渠蒙遜が姚興に遣使し、姚興は沮渠蒙遜を沙州刺史に任じた[2]吐谷渾阿豺慕璝南朝宋冊封を受けて、沙州刺史に任じられた[3]

619年武徳2年)、によりの敦煌郡に瓜州が置かれた。622年(武徳5年)、瓜州は西沙州と改称された。633年貞観7年)、西沙州は沙州と改称された。742年天宝元年)、沙州は敦煌郡と改称された。758年乾元元年)、敦煌郡は沙州と改称された。沙州は敦煌寿昌の2県を管轄した[4]安史の乱の後、吐蕃が沙州を含む河西回廊一帯を占領した。晩唐には沙州の張議潮が河西11州を奪って唐に帰順し、唐の帰義軍節度使となった。帰義軍節度使張承奉のとき、西漢白衣天子を称して西漢金山国を建国した。

五代後梁のころ、張氏の帰義軍節度使が断絶し、沙州長史の曹議金が州人に推されて台頭した。曹議金は後唐により沙州刺史・帰義軍節度使に任じられた。曹氏帰義軍8代の曹賢順のころ、帰義軍は西夏に滅ぼされ、沙州も西夏の統治下に入った。

1280年至元17年)、元により沙州は沙州路総管府に昇格した[5]

1403年永楽元年)、により沙州衛が置かれた[6]

広元の沙州編集

本節では、南北朝時代から唐初にかけて、現在の四川省広元市一帯に設置された沙州について述べる。

479年建元元年)、南朝斉により白水県に沙州が置かれたが、楊広香は都督沙州諸軍事・平羌校尉・沙州刺史となった。516年天監15年)、南朝梁により沙州は北益州と改称された。553年廃帝2年)、西魏蕭紀を攻撃し、北益州を奪い、沙州と改称された。沙州は平興郡平興・白水・魚盤の3県を管轄した。

605年大業元年)、隋により沙州は廃止され、管轄県は利州に統合された[7]

621年(武徳4年)、唐により利州の景谷県が分離されて沙州が置かれた。627年(貞観元年)、沙州は廃止された[8]

脚注編集

  1. ^ 晋書』地理志上
  2. ^ 宋書』氐胡伝
  3. ^ 『宋書』鮮卑吐谷渾伝
  4. ^ 旧唐書』地理志三
  5. ^ 元史』地理志三
  6. ^ 明史』地理志三
  7. ^ 隋書』地理志上
  8. ^ 『旧唐書』地理志二