メインメニューを開く

沢井 実(さわい みのる、1953年11月20日 - )は、日本の経済史学者南山大学教授大阪大学名誉教授。

和歌山県生まれ。1978年国際基督教大学教養学部卒業。1983年東京大学大学院経済学研究科第二種博士課程単位取得退学。1998年「日本鉄道車輌工業史」で大阪大博士(経済学)

1983年東京大学社会科学研究所助手。1986年北星学園大学経済学部専任講師、1989年助教授、1991年大阪大学経済学部助教授。98年大阪大経済学研究科教授。2017年南山大学経営学部経営学科教授。

1997年中小企業研究奨励賞、99年『近代日本における企業家の諸系譜』(共編)で日刊工業新聞技術科学図書文化賞受賞。2012年『近代日本の研究開発体制』で日経・経済図書文化賞受賞。

目次

著書編集

  • 『日本鉄道車輌工業史』日本経済評論社、1998
  • 『近代大阪の工業教育』大阪大学出版会、2012
  • 『近代日本の研究開発体制』名古屋大学出版会、2012
  • 『近代大阪の産業発展 集積と多様性が育んだもの』有斐閣、2013
  • 『マザーマシンの夢 日本工作機械工業史』名古屋大学出版会、2013
  • 八木秀次吉川弘文館 人物叢書、2013

共編著編集

  • 『近代日本における企業家の諸系譜』竹内常善阿部武司共編 大阪大学出版会、1996
  • 『日本経営史 江戸時代から21世紀へ』宮本又郎、阿部武司、宇田川勝橘川武郎共著 有斐閣、1995
  • 『東洋のマンチェスターから「大大阪」へ 経済でたどる近代大阪のあゆみ』阿部武司共著 大阪大学出版会 大阪大学総合学術博物館叢書、2010

翻訳編集

  • F.アトリー『日本の粘土の足 迫りくる戦争と破局への道』石坂昭雄西川博史共訳 日本経済評論社、1998

参考編集