メインメニューを開く

沢村 寅二郎(さわむら とらじろう、1885年3月28日 - 1945年7月7日)は、英文学者、東京帝国大学助教授。

1910年東京帝大英文科卒、第八高等学校(現・名古屋大学)教授、文部省在外研修員として渡英、1923年東京高等学校(現・東京大学)教授、1927年東京帝大助教授、1944年退官。東京で罹災後、疎開先の甲府で甲府空襲に遭い死去[1]

著書編集

  • 近代英文学鑑賞 研究社, 1929
  • 日本語と英語の比較 研究社英米文学語学講座 研究社, 1940
  • 開隆堂簡易英英辞典 開隆堂出版, 1948

翻訳編集

脚注編集