沮 鵠(そ こく、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の武将。冀州広平郡の人。父は沮授。叔父は沮宗。

正史の事跡編集

姓名 沮鵠
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 冀州広平郡
職官
爵位・号等 -
陣営・所属等 袁尚
家族・一族 父:沮授 叔父:沮宗

袁尚配下。建安9年(204年)春、袁尚は兄の袁譚を攻撃しようと図り、幕僚の審配を守備させ、沮鵠には邯鄲を預けて審配と連動させた。まもなく曹操が鄴を攻撃してきたが、容易に陥落させることができないと見て、周辺地域の掃討へと作戦転換した。同年夏、曹操軍が邯鄲を攻撃してきたため沮鵠も防戦したが、敵し得ずにまもなく陥落した。その後、沮鵠の名は史書に見当たらない。

物語中の沮鵠編集

小説『三国志演義』でも袁尚配下として登場し、審配の指示により邯鄲を守備する。曹操軍の張遼が攻め寄せてくると、沮鵠は出陣してこれと一騎討ちをするが、3合もせずに劣勢となって逃走したところを、張遼に弓で射られ落馬し、死亡している。

参考文献編集