河井 智康(かわい ともやす、1936年 - 2006年5月30日)は、日本の海洋学者(農学博士)。

経歴編集

東京都出身。東京水産大学(現在の東京海洋大学)卒業。大学卒業後、水産庁に入庁。水産庁東北区水産研究所資源管理部長を務め、1997年に定年退官。1986年 東京大学農学博士 「比較生態学的視点からみた海産硬骨魚類資源の変動に関する研究 」。

魚類の生態や魚類資源の変動をテーマに研究し、「稚魚を食べるプランクトンの大量発生で、そのとき全盛のが減り、別の魚が台頭する」という独自の「魚種交替論」を打ち立てるなど、水産学の発展に大きく寄与した。魚に関する著書も多い。特に、イワシが空前の大豊漁であった1988年に上梓した「イワシと逢えなくなる日」で、その後のイワシの減少を予見したことは特筆に価する。21世紀の水産を考える会代表理事などの要職を歴任した。

また、1954年マーシャル諸島ビキニ環礁付近で第五福竜丸が被爆した事件に注目し、マーシャル諸島で実態調査を行うなど、反核主義者・平和主義者としても知られた。「九条科学者の会」呼びかけ人を務めていた[1]

2006年5月30日東京都杉並区の自宅で、長男(当時33歳)に妻ともども刺殺された。長男は両親を殺害後、家に放火して自殺した。原因は長男の就職を巡るトラブルとみられている。

著書編集

  • 「魚-21世紀へのプログラム」(農山漁村文化協会)1986
  • 「死んだ魚を見ないわけ 1700mの海底に自然の謎を探る」(情報センター出版局)1987 のち角川文庫 
  • 「イワシと逢えなくなる日 5億年の結晶『魚種交替』の謎に迫る」(情報センター出版局)1988 のち角川文庫 
  • 『百万粒の戦略 魚の卵はなぜ多いのか?』筑摩書房 ちくまライブラリー 1990
  • 『魚の世界をロマンする 科学者と行く海の謎解きの旅』情報センター出版局 1991
  • 「海・人・魚の賛歌」(東京美術)1993
  • 「大衆魚のふしぎ サンマやイワシの奇妙な関係」(講談社ブルーバックス)1993
  • 「日本の漁業」(岩波新書)1994
  • 『すしの魚』平凡社 1995
  • 「漁船第五福竜丸 それは世界史を動かした」(同時代社)1997
  • 「核実験は何をもたらすか 核大国アメリカの良心を問う」(新日本出版社)1998
  • 「消えたイワシからの暗号 七人の研究者と魚類五億年目の謎」(三五館)1999
  • 「大衆魚の世界」(NHKライブラリー)2000
  • 「日本人とさかなの出会い 縄文遺跡に見る源流」(角川選書)2001 

編著編集

  • 『魚の歳時記 みごろたべごろ』編著 東京美術 1987
  • 『おいしいクスリシーフード 「エイコサ・ドコサ」で健康に乾杯』滝口操共編 保健同人社 1994
  • 『原爆開発における人体実験の実相 米政府調査報告を読む』訳著 新日本出版社 2003

脚注編集

  1. ^ 「九条科学者の会」呼びかけ人メッセージ (2005.3.13)