メインメニューを開く

河内 礼蔵(かわち れいぞう、1862年文久2年10月) - 1927年2月10日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴編集

鹿児島県種子島出身。1885年(明治18年)6月、陸軍士官学校(旧7期)を卒業し歩兵少尉に任官。

日露戦争に出征。遼陽会戦前の1904年(明治37年)8月、前任の吉田貞中佐の戦死により歩兵第4連隊長に就任。1905年(明治38年)3月、戦傷を受け解任。1906年(明治39年)2月、歩兵第4連隊長に復帰し、1907年(明治40年)11月、歩兵大佐に昇進。1911年(明治44年)9月、陸軍少将に進級し歩兵第15旅団長に就任。

1915年(大正4年)2月、歩兵第35旅団長に転じた。1916年(大正5年)8月、陸軍中将に進み第2師団長に親補された。1919年(大正8年)7月に待命となる。翌年2月2日、予備役に編入された[1]

河内の人となりについては、河内が歩兵第4連隊長時代に、彼の部下であった今村均が記した『私記・一軍人六十年の哀歓』において触れられている。

栄典編集

位階
勲章等

脚注編集

  1. ^ 『官報』第2248号、大正9年2月3日。
  2. ^ 『官報』第710号「叙任」1885年11月11日。
  3. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。
  4. ^ 『官報』第8502号「叙任及辞令」1911年10月21日。
  5. ^ 『官報』第1236号「叙任及辞令」1916年9月12日。
  6. ^ 『官報』第1858号「叙任及辞令」1918年10月11日。
  7. ^ 『官報』第221号・付録「辞令」1913年4月28日。
  8. ^ 『官報』第700号「叙任及辞令」1914年12月1日。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 今村均『私記・一軍人六十年の哀歓』芙蓉書房出版、1970年。