メインメニューを開く

河北総合病院(かわきたそうごうびょういん)は、東京都杉並区にある病院である。河北医療財団の杉並エリアでは、河北総合病院 分院、河北サテライトクリニック、河北リハビリテーション病院、河北健診クリニック、河北透析クリニック、介護老人保健施設シーダ・ウォーク、河北ファミリークリニック南阿佐谷、河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷、ケア24阿佐谷・松の木がある。多摩エリアには、アイセーフティネットとして天本病院をはじめ、あいクリニック、あい介護老人保健施設など医療・介護を担っている。社会医療法人 河北医療財団の理事長は河北博文[1]

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 河北総合病院
Kawakita general hospital asagayakita suginami tokyo 2009.JPG
情報
正式名称 社会医療法人河北医療財団 河北総合病院
英語名称 Kawakita General Hospital
前身 河北病院
標榜診療科 内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科、リウマチ科、リハビリテーション科、小児科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、耳鼻いんこう科、泌尿器科、眼科、皮膚科、放射線科、麻酔科、糖尿病・内分泌・代謝内科、腎臓内科、消化器外科、病理診断科、臨床検査科、救急科、感染症内科、血液内科、疼痛緩和内科、精神科、産科、婦人科、血管外科、形成・美容外科、乳腺外科、脳血管内科
許可病床数

331床


一般病床:331床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 社会医療法人河北医療財団
管理者 杉村洋一(院長)
開設年月日 1928年
所在地
166-8588
位置 北緯35度42分24秒
東経139度38分20秒
二次医療圏 区西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 河北総合病院 分院
Kawakita general hospital annex asagayakita suginami tokyo 2009.JPG
情報
正式名称 社会医療法人河北医療財団 河北総合病院 分院
英語名称 Kawakita General Hospital Annex
許可病床数

76床


一般病床:76床
開設者 社会医療法人河北医療財団
管理者 角田裕美(院長)
所在地
166-0001
東京都杉並区阿佐谷北一丁目6番10号 欅ビルディングC館
位置 北緯35度42分24秒
東経139度38分16秒
二次医療圏 区西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 河北リハビリテーション病院
Kawakita Rehabiritation Hospital.JPG
情報
正式名称 社会医療法人河北医療財団 河北リハビリテーション病院
英語名称 Kawakita Rehabiritation Hospital
標榜診療科 リウマチ科、リハビリテーション科
許可病床数

135床




療養病床:135床
機能評価 療養200床未満:Ver5.0
付加機能評価(リハビリテーション機能)
開設者 社会医療法人河北医療財団
管理者 河面吉彦(院長)
所在地
166-0013
東京都杉並区堀ノ内一丁目9番27号
位置 北緯35度41分3秒
東経139度39分4秒
二次医療圏 区西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 河北透析クリニック
外観
情報
正式名称 社会医療法人河北医療財団 河北透析クリニック
標榜診療科 内科
開設者 社会医療法人河北医療財団
管理者 青木尚子(院長)
所在地
166-0001
東京都杉並区阿佐谷北1-18-9
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

沿革編集

1928年昭和3年)5月の開院以来、現在は東京都杉並区の中核病院である[2]。急性期医療を担う病床数331の河北総合病院を中心に、135床の河北リハビリテーション病院、56床の河北透析クリニック、河北健診クリニックなどが存在し、約2,000名の職員が務める。

1988年(昭和63年)4月に民間病院として日本で3番目に、厚生省から臨床研修病院の指定を受けた。1998年平成10年)5月に日本の総合病院として初めて、環境マネジメントシステムISO 14001で認証を取得し2006年3月に更新、12月に財団法人日本医療機能評価機構の認定を取得している[3]

2016年(平成28年)KES(環境マネジメントシステム)スタンダードステップ2更新登録、環境MGMT委員会「環境人づくり企業大賞2015」環境大臣賞受賞。

診療科編集

施設認定・医療機関の指定等編集

関連機関等編集

河北総合病院分院
一般76床
内科、小児科、神経科の外来診療と呼吸器系、腎臓・膠原病系の専門病棟
河北総合病院に隣接
河北サテライトクリニック
整形外科・皮膚科・家庭医療科・内科専門外来の専門クリニック
東京都杉並区阿佐谷北一丁目3番12号 欅ビルディングB館
河北リハビリテーション病院
療養135床
リハビリテーションの専門病院
東京都杉並区堀ノ内一丁目9番27号
介護老人保健施設シーダ・ウォーク
杉並区公募介護老人保健施設
東京都杉並区桃井三丁目4番9号
河北透析クリニック
人工透析の専門施設、日本透析医学会の教育関連施設
河北総合病院に隣接
河北健診クリニック
健診専用施設
東京都杉並区高円寺南四丁目27番12号 三井住友銀行高円寺ビル6・7階
河北家庭医療学センター
家庭医療(医師)、外来看護・訪問看護(看護師)、在宅リハビリテーション(理学療法士・作業療法士)を学問として普及させること
2019年3月移転
コミュニティ広場「暮らしの処方箋」(貸しスペース)を開設
河北ファミリークリニック南阿佐谷
プライマリ・ケアや在宅療養で医療等を提供する
東京都杉並区阿佐谷南一丁目16番
2019年3月開業
内科・小児科
東京都杉並区阿佐谷南一丁目16番
河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷
2019年3月移転
河北医療財団看護専門学校
⇒ 2015年3月閉校。早稲田速記医療福祉専門学校に事業継承し、同校の看護科となった [4]
河北総合病院に隣接

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 理事長メッセージ 河北医療財団ウェブサイト、2019年3月15日閲覧
  2. ^ 財団の歩み 河北医療財団ウェブサイト、2019年3月15日閲覧。
  3. ^ 財団の歩み 河北医療財団ウェブサイト、2019年3月15日閲覧
  4. ^ 早稲田速記医療福祉専門学校 看護科創設”. 2016年6月4日閲覧。

外部リンク編集