メインメニューを開く

河南尹

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

河南尹(かなんいん)は、かつてあった中国の地名、あるいは官職名。

  • 洛陽(雒陽)に都が置かれ、なおかつ郡県制下にあった後漢曹魏西晋北魏といった諸王朝において、洛陽県(雒陽県)の所属する上位行政区画である河南郡が特別に河南尹と称された。
  • また上記の河南尹の地を管轄する長官職が河南尹と呼称された。