メインメニューを開く
日本 > 神奈川県 > 海老名市 > 河原口

河原口(かわらぐち)は、神奈川県海老名市の地名。現行行政地名は河原口一丁目から河原口五丁目と住居表示未実施の大字河原口からなる。郵便番号は243-0433[3]

河原口
厚木駅
厚木駅
河原口の位置(神奈川県内)
河原口
河原口
河原口の位置
北緯35度26分54.72秒 東経139度22分29.83秒 / 北緯35.4485333度 東経139.3749528度 / 35.4485333; 139.3749528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Ebina, Kanagawa.svg 海老名市
設置 1889年明治22年)4月1日
面積
 • 合計 1.36km2
人口
2018年(平成30年)2月1日現在)[2]
 • 合計 7,674人
 • 密度 5,600/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
243-0433[3]
市外局番 046 (厚木MA)[4]
ナンバープレート 相模

目次

地理編集

市内西部の相模川左岸に位置し、一帯は相模平野のほぼ中央部となる。中西部は住宅地や工場・店舗が多い一方、東部の一部には水田も見られる。南部にはJR相模線小田急小田原線厚木駅が所在する。南西部から時計回りに一丁目から五丁目が所在し、東西の端と小田急厚木駅周辺の一部に住居表示未実施区域がある。

北で上郷およびめぐみ町、東で中央および勝瀬、南でさつき町および中新田、西で相模川を挟んで厚木市厚木および厚木市金田に接する(特記ないものは海老名市)。

面積編集

面積は以下の通りである[1]

大字丁目 面積(km2
河原口 0.74
河原口一丁目 0.11
河原口二丁目 0.16
河原口三丁目 0.17
河原口四丁目 0.08
河原口五丁目 0.10
1.36

河川編集

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、河原口3-4-11の地点で15万2000円/m2となっている。[5]

歴史編集

地名の由来編集

当地付近で相模川と中津川が合流し、広い河原を形成していることに由来するという。

沿革編集

町名の変遷編集

実施後 実施年月日 実施前
河原口一丁目 2012年8月13日 大字河原口・大字中新田
河原口二丁目 大字河原口
河原口三丁目 大字河原口・大字上郷
河原口四丁目 大字河原口
河原口五丁目

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)2月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字丁目 世帯数 人口
河原口 55世帯 309人
河原口一丁目 436世帯 817人
河原口二丁目 698世帯 1,640人
河原口三丁目 508世帯 1,277人
河原口四丁目 736世帯 1,919人
河原口五丁目 559世帯 1,712人
2,992世帯 7,674人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
河原口 1356~1360、1364~1387
1510~1605
海老名市立海老名小学校 海老名市立海老名中学校
1304~1310、1313~1333
1361~1363
海老名市立中新田小学校 海老名市立海西中学校
365~379、382
391~400、872
929~981、987~1029
1334~1355
2499、2548
海老名市立有鹿小学校
河原口一丁目 全域
河原口二丁目 全域
河原口三丁目 全域
河原口四丁目 全域
河原口五丁目 全域

交通編集

鉄道編集

バス編集

  • 海老名市コミュニティバス
    • 大谷・杉久保ルート 海老名駅行・高齢者生きがいセンター行
    • 本郷ルート 海老名駅行・本郷コミュニティセンター行

かつては相模鉄道バス部門(現:相鉄バス)などが相模大橋を経由して厚木市方面を結ぶ路線を運行していたが、すべて廃止されている。

道路編集

高速道路

主要地方道

施設編集

河原口(住居表示未実施)

河原口一丁目

河原口二丁目

  • 海老名河原口郵便局
  • 海老名市立歴史資料収蔵館
  • 河原口上島合(かみしまあい)児童遊園[8]

河原口三丁目

河原口四丁目

  • 河原口第一公園
  • 河原口御手作公園
  • 河原口御手作緑道[8]
  • 河原口代官分(だいかんぶん)第二児童遊園[8]

河原口五丁目

  • 日本通運海老名物流センター
  • オートバックス海老名店
  • 河原口第二公園[8]
  • 河原口一大縄(いちおおなわ)公園[8]
  • 河原口二大縄(におおなわ)公園[8]
  • 河原口四大縄(しおおなわ)児童遊園[8]

ギャラリー編集

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典14. 神奈川県』角川書店、1984年。ISBN 4040011406

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 住居表示実施時に周辺の上郷および中新田の一部を編入。詳細は#外部リンクの新旧対照案内図を参照。
  2. ^ 小田急電鉄側の厚木駅は開業当初「河原口駅」と称した。厚木駅#歴史参照。

出典編集

  1. ^ a b 海老名市の地区別面積一覧”. 海老名市. 2018年2月21日閲覧。
  2. ^ a b 世帯数と人口(町丁・字別人口、前月の人口異動)”. 海老名市 (2018年2月1日). 2018年2月21日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月21日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月21日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ a b 住居表示実施地区を知りたい。”. 海老名市. 2013年9月17日閲覧。
  7. ^ 海老名市立小・中学校学区表”. 海老名市. 2018年2月21日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k 海老名の公園 (2016年4月1日版) (PDF) - 海老名市

関連項目編集

外部リンク編集