メインメニューを開く

河原 春作(かわはら しゅんさく、1890年明治23年)1月14日[1]1971年昭和46年)10月11日)は大正時代から昭和時代にかけての日本文部官僚教育者

河原 春作
かわはら しゅんさく
Shunsaku Kawahara, 4th president of the Tokyo University of Literature and Science.jpg
生年月日 (1890-01-14) 1890年1月14日
出生地 東京府(現・東京都
没年月日 (1971-10-11) 1971年10月11日(81歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学
配偶者 幾(中山秀三郎次女)
子女 昭子(長女)、和子(次女)、雪子(三女)
親族 作(父)、直文(長兄)、直武(次兄・斎藤清入夫)

在任期間 1945年11月20日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示
河原春作

目次

経歴編集

東京府出身。旧制東京府立一中旧制第三高等学校を卒業

1915年大正4年)、東京帝国大学法科大学法律科在学中に高等文官試験に合格し、翌年に卒業した[2]内務省に入り、静岡県警視、同理事官を務めた[2]。その後文部省に転じ、事務官に任じられた。書記官参事官督学官、専門学務局学務課長、大臣官房会計課長、社会教育局長、普通学務局長を歴任[1][2]1936年(昭和11年)には文部次官に就任した。

退官後は東京文理科大学学長・教授を務めた[2]1945年(昭和20年)5月、再び文部次官に就任[3]。11月には枢密顧問官に任じられた[4]

その後、公職追放となり[5]、追放解除後は大妻女子大学学長を務めた[6]

脚注編集

  1. ^ a b 大衆人事録 1937.
  2. ^ a b c d 人事興信録 1943.
  3. ^ 『官報』第5531号、昭和20年6月22日。
  4. ^ 『官報』第5661号、昭和20年11月24日。
  5. ^ 公職追放の該当事項は「武徳会理事」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、233頁。NDLJP:1276156 
  6. ^ 学校法人大妻学院. “100年の沿革” (日本語). 2016年8月3日閲覧。

参考文献編集

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上巻』人事興信所、1943年。

関連文献編集


公職
先代:
委員長代理
矢代幸雄
  文化財保護委員会委員長
1961年 - 1966年
次代:
稲田清助
先代:
藤野恵
  文部次官
1945年
次代:
大村清一
先代:
三辺長治
  文部次官
  教員検定委員会会長
  維新史料編纂事務局長
  学校衛生調査会会長

1936年 - 1937年
次代:
伊東延吉
学職
先代:
学長代理
山内吉雄
大妻女子大学学長
1951年 - 1961年
次代:
大妻コタカ
その他の役職
先代:
大日本職業指導協会長
松浦鎮次郎
(→欠員)
日本職業指導協会長
1951年 - 1965年
次代:
灘尾弘吉
先代:
朝比奈策太郎
日本青年館理事長
1945年 - 1947年
次代:
佐々弘雄
先代:
岡部長景
大日本教育会長
1946年
次代:
日本教育会長
佐野利器