メインメニューを開く

河合その子 ベスト・コレクション』(かわいそのこ ベスト・コレクション)は、河合その子ベスト・アルバム。1997年7月21日発売。発売元はソニー・ミュージックエンタテインメント規格品番:SRCL-3976。

河合その子 ベスト・コレクション
河合その子ベスト・アルバム
リリース
録音 1985年 - 1990年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント
河合その子 アルバム 年表
Sonnet
1990年
河合その子 ベスト・コレクション
1997年
GOLDEN☆BEST 河合その子
2002年
テンプレートを表示

目次

解説編集

CD帯のコピー:あの頃、いちばん輝いていた君を忘れない。

ソニーレコードの廉価版アルバムシリーズ「CD選書」から発売されたベスト・アルバム。「STAR COLLECTION」というサブ・タイトルが付いている[1]。全17曲が収録されており、CDケースは薄型のスリム・ケースを使用している。

本アルバムは1994年の結婚後に発売された初めてのアイテムである。その後も2枚組ベスト・アルバム『GOLDEN☆BEST 河合その子』(2002年11月20日発売、MHCL-177/8)や、生産限定盤『河合その子 コンプリートDVD BOX[2](2007年2月21日発売、MHBL-1081/5)、『河合その子プレミアム』(2009年9月30日発売、MHCL-1591/1600)などがソニー・ミュージックより発売されている。

収録曲編集

11曲目まで作曲・編曲:後藤次利

  1. 涙の茉莉花LOVE(4:02)
  2. 落葉のクレッシェンド(4:06)
  3. 午後のパドドゥ(3:27)
  4. さよなら夏のリセ(4:27)
    • 作詞:芹沢類
    • 同時期に類似する題名の曲を南野陽子が歌っている[3]
  5. 悲しみのトリスターナ(3:48)[4]
    • 作詞:秋元康
  6. 青いスタスィオン(4:08)
  7. 再会のラビリンス(4:25)
    • 作詞:秋元康
    • オリコン・ヒットチャート1位獲得曲(1986年7月14日付)。
  8. 悲しい夜を止めて(4:10)
    • 作詞:秋元康
    • オリコン・ヒットチャート1位獲得曲(1986年11月3日付)。
  9. 哀愁のカルナバル(4:26)
    • 作詞:秋元康
  10. 雨の木(4:53)
    • 作詞:秋元康
  11. JESSY(4:24)
  12. 夢から醒めた天使(4:16)
  13. 雨のメモランダム(4:20)
  14. 海の足跡(4:19)
    • 作詞・作曲・編曲:河合その子
  15. 淡い紫のブライトライツ(3:59)
    • 作詞:あさくらせいら、作曲:河合その子、編曲:Todd Yvega
  16. 月夜(4:37)
    • 作詞:森本抄夜子、作曲:河合その子、編曲:武部聡志
  17. 空を見上げて(4:20)
    • 作詞:谷穂ちろる、作曲:河合その子、編曲:安藤高弘

関連作品編集

  • Dedication - リニューアル録音の楽曲を含む、企画アルバム。
  • Sonnet - 初CD化の曲を含めたベスト・アルバム。
  • GOLDEN☆BEST 河合その子 - シングルのA・B面網羅、アルバム収録曲や未発表ライヴ音源を含めた2枚組。

脚注編集

  1. ^ 「CD選書 STAR COLLECTION」は他に『国生さゆり ベスト・コレクション』(規格品番:SRCL-3977)、『渡辺満里奈 ベスト・コレクション』(規格品番:SRCL-3978)、『渡辺美奈代 ベスト・コレクション』(規格品番:SRCL-3979)などがある。発売日は3タイトルとも1997年7月21日。
  2. ^ 『河合その子 コンプリートDVD BOX』[1]は河合本人の許可を得た上で、初商品化映像を含めて発売されたDVD-BOX
  3. ^ 南野陽子の歌手デビュー・シングル「恥ずかしすぎて」(1985年6月23日発売、07SH-1659)のカップリングに収録されている。南野陽子版の正式タイトルは「さよなら、夏のリセ」。ちなみに、『さよなら夏のリセ』という題名の映画(原題:Surprise Party, 1983年製作)がある。
  4. ^ 類似する題名の『哀しみのトリスターナ』という題名の映画(1970年製作)がある。
  5. ^ このシングルの発売と前後してアルバム制作中心の活動に移行し、テレビ番組への出演も極力控えた。