メインメニューを開く

河合 洋(かわい ひろし、1934年10月25日 - 2005年)は、精神科医。 東京品川生まれ。1959年慶應義塾大学医学部卒、1965年「境界例の力動精神病理学的研究 主として精神療法的観察から」で慶大医学博士国立小児病院勤務、69年同精神科医長。かわいクリニック・発達医学研究所所長。NHKラジオ子供電話相談室」担当。

目次

著書編集

  • 『子どもストレス時代 その問題行動-登校拒否・拒食症・神経症』グロビュー社・グリーンヘルスブックス 1983
  • 『どくとる女人解剖学』批評社 1984
  • 『SOSいま子どもが危ない! 児童精神科医が告発する 緊急レポート』広済堂出版 1985
  • 『学校に背を向ける子ども なにが登校拒否を生みだすのか』日本放送出版協会・NHKブックス 1986
  • 『育児と仕事のバランスシート』フレーベル館 ワーキングマザーシリーズ 1989
  • 『子どもの心と教育相談 乳幼児期から青年期まで』日本放送出版協会 1989
  • 『おかあさん子どものSOS信号がわかりますか チックから登校拒否まで』PHP研究所 1992

共編著編集

  • 『へんな子・変わった子 子どもの見方・考え方』なだいなだ共編著 チャイルド本社 1984
  • 『働きながら子育てするお母さんの本』越膳百々子共著 読売新聞社 1989
  • 『不登校児の新しい生活空間』編 日本評論社 1991
  • 『いじめ <子どもの不幸>という時代』編 批評社 メンタルヘルス・ライブラリー 1999 
  • 『子どもの精神障害』山登敬之共編 日本評論社・こころの科学セレクション 2002 

翻訳編集

参考編集

  • 『現代日本人名録』2002年 
  • 追悼 河合洋先生 洋さん、せめて、いま、昔話をさせてください」野口昌也 精神医療 2005