メインメニューを開く

河合 満(かわい みつる、1948年1月2日 - )は日本実業家。技能職初のトヨタ自動車執行役員副社長を務める。工場統括兼総務人事本部長

人物・経歴編集

愛知県豊田市生まれ。小学校4年時にが死去したため、中学校卒業後は、お金を貰いながら学べるトヨタ技能者養成所(現トヨタ工業学園)に進学。1966年同養成所を卒業し、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)に入社。同年本社工場鍛造部配属。本社工場鍛造部主査、本社工場鍛造部長、本社工場副工場長を経て、2013年から技術職トップのトヨタ自動車技監を務めた。2015年、豊田章男社長の下、技能職として初めて専務役員に就任。2017年から副社長を務め、工場統括及び安全健康推進部統括を担当。技能職のスキルレベル検証などを行い、製造現場人材の育成体制整備を進める。「勘が鈍る」との思いから、本館ビル15階の副社長室ではなく、社長の許可を得て鍛造現場で執務する[1][2][3][4][5]。2019年、総務人事本部長兼務[6]

出典編集