メインメニューを開く

河尻 秀長(かわじり ひでなが)は、安土桃山時代武将大名苗木城城主。美濃河尻秀隆の子。弟に河尻鎮行

 
河尻秀長
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 慶長5年(1600年
別名 与四郎(通称)。直次、宗久(別名)
官位 肥前
主君 織田信長森長可豊臣秀吉秀頼
氏族 河尻氏
父母 父:河尻秀隆
兄弟 秀長鎮行末守殿浅野左近室のちに土肥親真室、芳春院の姪)
特記
事項
姓は「川尻」とも書かれる

目次

生涯編集

織田氏の家臣・河尻秀隆の子として誕生。元服後は父・秀隆に従い、弟の鎮行と行動を共にする。

秀隆は甲斐国主であったが、本能寺の変後の武田遺臣の蜂起により横死し、秀長は森長可の元に身を寄せ一時的に客将扱いとなった。

その後は羽柴秀吉に仕え、小牧・長久手の戦い[注釈 1]九州平定小田原征伐文禄・慶長の役など数々の戦いに参加し活躍した。

天正14年(1586年)、方広寺大仏殿の建設に奉行として携わる[2]

天正16年(1588年)、聚楽第行幸の際には関白秀吉の直臣衆として供奉している[3]

天正18年(1590年)頃、摂津国高槻の内、1万石を所領とし、代官として高槻城に在城していたと考えられている[4]

文禄2年(1593年)、安威了佐に代わって摂津国・茨木の代官に任命され、茨木城に入城した[5]

慶長3年(1598年)、秀吉の死に際して形見として盛光の刀を受領した[6]

慶長4年(1599年)、森忠政の転封に伴い摂津・美濃両国内で加増され苗木城主となり、城持ち大名に返り咲いた[7]

同年12月、徳川家康が鷹狩りを行い茨木城に止宿した際には、秀長が饗応役を務めた[8]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて西軍方に呼応し、大坂城大和口の守備に就いた[7]。その後、伏見城の戦いに参加。9月15日の本戦において討死した[9][注釈 2]

居城である苗木城は城代の関治兵衛が守っていたが、旧領回復をもくろむ東軍の遠山友政(苗木遠山氏)に攻略され、戦後没収された秀長の遺領は友政に与えられた(美濃苗木藩)。

後に弟・河尻鎮行江戸幕府に召し出され、子孫は200俵の旗本として存続した。

人物編集

天正15年(1587年)筆と推測される大谷吉継宛て千利休書状によると、大谷吉継と同日に千利休宅へ招かれていることが確認できる[10]

河尻氏の菩提寺は岐阜県加茂郡坂祝町長蔵寺。猿啄城勝山城)城下町に父・河尻秀隆、弟・河尻鎮行、旧家臣団と共に秀長の墓がある。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 通説では秀吉に従って出陣したとされるが、徳川家康の使者として北条氏直のもとに赴いていたとする説もある[1]
  2. ^ 敗戦後自刃したとも、捕縛され9月23日に近江膳所において梟首されたともいわれる。

出典編集

  1. ^ 黒田基樹 『北条氏政』、ミネルヴァ書房、2018、p.186
  2. ^ 須田茂 『徳川大名改易録』、崙書房出版、1998、p.107
  3. ^ 大村由己『聚楽行幸記』
  4. ^ 高槻市史編纂委員会『高槻市史 第2巻』、高槻市役所、1984、pp.787‐788
  5. ^ 中村博司編 『よみがえる茨木城』、清文堂、2007、p.40
  6. ^ 小瀬甫庵甫庵太閤記
  7. ^ a b 須田 1998, p. 107.
  8. ^ 中村 2007, pp. 55-56.
  9. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『河尻秀長』 - コトバンク
  10. ^ 桑田忠親 『定本 千利休の書簡』、東京堂出版、1971、pp.353-354

関連項目編集

外部リンク編集