メインメニューを開く

河本 圭代(かわもと たまよ、10月15日 - )は日本作曲家編曲家TAMAYO名義で知られ、主にゲームミュージックアニメの音楽を手がける。

河本 圭代
別名 TAMAYO
GOLDEN
TAMASAN
TAMATAMA
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ゲームミュージック
劇伴
職業 作曲家
編曲家
担当楽器 キーボード
活動期間 1984年 -
共同作業者 Cyua(BETTA FLASH)

目次

来歴編集

大学卒業後にカプコンに入社し、『大魔界村』など多くのアーケードゲームで作曲を担当。クレジットではGOLDENTAMASAN等の名前を使用している。

1990年タイトーに移籍しサウンド開発部門「ZUNTATA」に所属。1994年に手がけた『レイフォース』で、ゲームの大ヒットと共に一躍脚光を浴びる。

2000年代中頃にタイトーを退社し、以降はフリーランスとして活動。

人物編集

河本はサイトロンウェブシティとのインタビューの中でイエロー・マジック・オーケストラに影響を受けたことを仄めかしており、『シムーン』や『マッドピエロ』といった初期の作品を気に入っていたと述べている[1]。 『ソンソン』を作っていた当時は、曲を素早くたくさん作り、その中から良いものを採用するという手法をとっていた[1]

作品編集

ゲーム編集

カプコン在籍時編集

タイトー在籍時編集

フリーランス編集

アニメ編集

その他編集

PAOZ編集

  • アジアに雪が降る/Ceramic Heart

個人名義作品編集

  • ZUNTATA RARE SELECTION Vol.2 10cm四方の青空
  • Ray'z PREMIUM BOX -BEYOND-
  • かっぱまきマキ(河童たまよ名義)
  • ICHI[2]

映画編集

BETTA FLASH編集

2005年に限定生産されたCD-BOX『Ray'z PREMIUM BOX -BEYOND-』収録の、新規制作オリジナルCGムービー「BEYOND」の書き下ろしBGMに、ボーカリストのCyuaをフィーチャー。その後CyuaをボーカルとしたユニットBETTA FLASHを結成する。

2006年10月ジュノ・リアクター来日イベントのオープニングアクトを務め、2007年 - 2008年にゲームミュージックのライブイベント『EXTRA』に出演。2008年にはJapan Expoにも参加するなど、ライブ活動を行っている。

作品編集

シングル編集

  • Erinyes/6th body

アルバム編集

  • BETTA FLASH
    • ミニアルバム
  • つむぎ―生きとし生けるもののために―
    • 東京ゲーム音楽ショー2017限定頒布[3]
  • WATER LILY
    • 東京ゲーム音楽ショー2018にて頒布[4]
  • 言霊の幸はふ国
    • 東京ゲーム音楽ショー2019にて頒布[5]

その他編集

  • Candy bomb
    • ZUNTATA25周年記念アルバム『COZMO』提供曲

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集