メインメニューを開く
河本重次郎

河本 重次郎(こうもと じゅうじろう、安政6年8月16日1859年9月12日) - 昭和13年(1938年4月4日)は、日本の医学者眼科医帝国大学名誉教授、医学博士。日本近代眼科の父。号は光堂。

人物編集

但馬国豊岡(現・兵庫県豊岡市)出身。藩校稽古堂池田草庵に学ぶ。13歳の時、和田垣謙三らと共に郷土の先輩の吉村寅太郎に連れられ上京。横浜在住の叔父・中江種造方からドイツ語の学校へ通う。

東京大学医学部入学。首席で卒業。卒業後は同学部外科学教室の助手を務める。

明治18年(1885年)にドイツ・ベルリン大学に留学。明治22年(1889年)東京大学医学部眼科学教室主任教授に着任。明治24年(1891年)、医学博士の学位を初めて眼科で受けた。33年間その職にあって、日本の眼科を先進国の水準に近づけ、さらに発展させた。大正11年(1922年)退官。

妻の河本香芽子(こうもとかめこ)は 明治~昭和期のキリスト教伝道者である。

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  2. ^ 『官報』第4636号「叙任及辞令」1898年12月12日。
  3. ^ 『官報』第6181号「叙任及辞令」1904年2月12日。
  4. ^ 『官報』第508号「叙任及辞令」1914年4月11日。
  5. ^ 『官報』第5395号「叙任及辞令」1901年6月28日。
  6. ^ 『官報』第6595号「叙任及辞令」1905年6月26日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

外部リンク編集