河村 めぐみ(かわむら めぐみ、女性、1983年7月12日 - )は、元バレーボール選手で現在はモデル。愛称はメグ福岡県北九州市出身。NHK学園高校卒業。

河村 めぐみ
Megumi Kawamura
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-07-12) 1983年7月12日(34歳)
出身地 福岡県北九州市
ラテン文字 Megumi Kawamura
身長 193cm
選手情報
愛称 メグ
ポジション MB
利き手
テンプレートを表示

目次

経歴

小学生の時、テレビ番組「投稿!特ホウ王国」で「日本一大きな小学生」として登場。それを見たあるバレー部監督が、連絡先を探してスカウトしたことがきっかけでバレーを始める。

小学生の頃から飛びぬけて背が高く、小学5年の時にはすでに179cmあった。中学生の頃には、現在の身長と同じ193cmまで達した。中学3年の時、第12回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(アクエリアスカップ中学バレー)に、大分県の選抜チームとして出場し準優勝に貢献した。またこの大会で、将来の五輪候補選手として最も期待する選手に贈られるJOC・JVAカップを受賞した。

高校は大分県中津市東九州龍谷高等学校に進学。高校在学中に全日本代表に選ばれ、史上最長身の日本人女子バレーボール選手として注目された(後に195cmの塚原佳代子が更新)。

2001年バレーボール・ワールドグランプリで代表デビューを果たし、同大会及び2001年グラチャンでは、高さで劣る日本女子バレーボールチームの切り札として活躍した。

2001年11月、東九州龍谷高校を中退してNECレッドロケッツに入団(NHK学園高校に転校)。入団2年目まではチームメイトの杉山祥子大友愛の控えに甘んじていたが、入団3年目からはレギュラーポジションに定着。高さを活かした速いクイック攻撃やブロックでセンタープレイヤーとして活躍し、第11回(2004-05シーズン)Vリーグで新人賞を受賞した。

2002年釜山アジア大会に出場した[1]

2005年8月、22歳で現役を引退。引退後はモデルとして活動を始める。

2005年9月26日東京厚生年金会館で行われた「'06ミス・インターナショナル日本代表選出大会」に出場したが、入賞を逃した。この選出大会主催によるインターネット人気投票の中間発表で1位だったが、最終結果で逆転された。

エピソード

  • 河村はブランコで立ちこぎをする時、頭をよく鉄柱にぶつけた。
  • 河村の父は190cm,兄は183cm,弟は190cmしかない(それでも世間から比べれば父と弟はもちろん兄も背は高い)。
  • 河村はホテルのベッドで寝る時、体を斜めにする。
  • 2001年グラチャンでの河村のキャッチフレーズは、『期待のダイヤの原石』であった。
  • 栗原恵のコートネームがメグではなくコウであったのは、1年先輩に河村がいたというのも原因のひとつとして挙げられる。
  • 2005年11月放送のラジかる!!の『まちゃまちゃの大食い完食道場破りッ!』のコーナーでは30分で寿司を50貫完食した。

個人成績

Vリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[2]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2001/02 NEC 14 23 5 1 20.0% % 1 0.04 10 0 0.00% 7.5% 0 0.0% 2
2002/03 21 51 18 7 38.9% % 3 0.06 16 0 0.00% 12.5% 2 100.0% 10
2003/04 18 53 3 0 0.0% % 2 0.04 1 0 0.00% 0.0% 0 0.0% 2
2004/05 27 104 474 202 42.6% % 69 0.66 304 17 5.59% 12.4% 19 52.6% 288
通算 80 231 500 210 42.0% % 75 0.32 331 17 5.14% 12.2% 21 57.1% 302

出演

テレビ

脚注

  1. ^ 釜山アジア大会(バレーボール)
  2. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2015年2月14日閲覧。

外部リンク