メインメニューを開く

河村 大助(かわむら だいすけ、1893年6月2日 - 1985年1月12日)は、日本の弁護士最高裁判所判事東京都出身。

概要編集

1919年(大正8年)に日本大学法学部を卒業[1]1922年(大正11年)に弁護士になった[1]司法省の弁護士考試委員、司法研修所教官、司法修習生考査試験委員会臨時委員などを務めたが、殆ど在野法曹であった[1]

民事が専門で、三越日本電気の顧問もして、保全経済会事件の和議申立人などもした[1]

1956年(昭和31年)11月22日に最高裁判所判事となる[1]。最高裁判事就任の抱負について「判決を書いたことはない。ただ努力あるのみ」と語った[2]

1957年(昭和32年)6月19日に窃盗事件の上告審で「控訴審で被告から国選弁護人をつけるよう選任があった際、選任が遅れ控訴趣旨書差出最終日の後に国選弁護人を選任したときは、指定日を振り替える等の適切な方法をとらなければ弁護権の不当な制限にあたる」という趣旨の少数意見を表明した[2]

1963年(昭和38年)6月に定年退官した[2]

1985年(昭和60年)1月12日に東京・品川の関東逓信病院で脳内出血のため91歳で死去[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)73頁
  2. ^ a b c d 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)74頁