河村 弘二(かわむら こうじ、1913年12月13日[1][2] - 1998年8月12日[2])は、日本俳優男性声優である[3][4]。本名は河村 弘仁(読み同じ)[3][2][注 1]

かわむら こうじ
河村 弘二
本名 河村 弘仁
生年月日 (1913-12-13) 1913年12月13日
没年月日 (1998-08-12) 1998年8月12日(84歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市麻布区(現在の東京都港区
職業 俳優男性声優
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇トーキー)、テレビ映画
活動期間 1928年 - 1980年代
配偶者 西口紀代子
テンプレートを表示

東京府東京市麻布区(現在の東京都港区)出身[2][3][4]。府立第八中学校(現在の東京都立小山台高等学校)卒業。創作座[1]P.C.L映画製作所[1]文学座[1]東宝を経て[1]東京俳優生活協同組合に所属していた[1]

来歴・人物編集

中学校卒業後、劇団プレイボーイズを経て、創作座に入団し『デット・エンド』『大地』などに出演する[3][4]

1936年P.C.L.映画製作所が製作した木村荘十二監督映画『彦六大いに笑ふ』で映画デビュー[3][4]1937年文学座に入り、『クノック』『秋水嶺』などに出演[3][4]1938年、P.C.L.映画製作所とJ.O.スタヂオが合併した東宝に入社して、多数の作品に出演した[3][4]

1940年に応召され、中支へ行き、1946年に復員した後、プレヤーズ・センターを経て東京俳優生活協同組合に入る[3][4]。以後はNHKラジオドラマテレビドラマなどに出演していた。

1998年8月12日、死去した[3][4]。満84歳没。妻である西口紀代子も女優として活躍していた。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

NHK編集

  • 子供の時間 / 映画 川べりの少年達(1953年)
  • バラェテイ / 哀愁は旅とともに(1953年)
  • コメディ 「彼は先輩」(1953年) - 北海瓢太
  • 連続ドラマ
    • 父の心配(1953年) - 岸本
    • レ・ミゼラブル(1954年) - 憲兵
  • 飛沫(1954年) - 富松
  • 霧を追いかける男(1955年) - 岩部邦三
  • 海風が吹けば(1956年) - 加藤の父親
  • 氷雨(1959年)
  • ここに人あり
    • 第118話「旗を振るおばんちゃん」(1959年)
    • 第125話「門出」(1960年)
  • 灰色のシリーズ / サウスポーの犯罪(前編、後編)(1960年) - 穴沢
  • 文芸劇場 / 黒白(1962年)
  • おねえさんといっしょ(1963年)
  • 事件記者(1964年)
    • 第177話「情況」
    • 第208話「頂上作戦」
  • 風雪
    • 第24話「歌舞伎開花」(1964年)
    • 第76話「放送一声」(1965年) - 議長
  • 大河ドラマ
  • 人形佐七捕物帳(1965年)
  • NHK劇場(1966年)
  • アイウエオ 第34話 - 第37話(1967年)
  • 土曜ドラマ
  • 少年ドラマシリーズ / おれたち夏希と甲子園 第5話(1982年)

NTV編集

  • 宮本武蔵(1957年)
  • 金四郎江戸桜(1957年)
  • 侍ニッポン(1957年)
  • 雑草の歌
    • 第20回「酔いどれ地獄」(1958年)
    • 第26回「人工腎臓」(1958年)
    • 第42回、第43回「この子に幸を」(前編、後編)(1959年)
  • 西郷隆盛(1958年)
  • 山一名作劇場 / 丹下左膳(1958年 - 1959年)
  • 怪人二十面相(1959年)
  • 菊池寛シリーズ / 仇討兄弟鑑(1959年)
  • 夫婦百景
    • 第123話「好伴侶」(1960年)
    • 第137話「御降嫁型女房」(1960年)
    • 第175話「三ツ面夫婦」(1961年)
    • 第233話「ベテラン女房」(1962年)
    • 第282話「妻よ牡丹のように」(1963年)
    • 第289話「天法羅夫婦」(1963年)
    • 第335話「珍品夫婦」(1964年)
    • 第343話「宿かり夫婦」(1964年)
  • 舞妓東京を行く(1961年)
  • 人生の四季 第42話「社長物語」(1962年)
  • 有料道路(1967年)
  • 火曜日の女シリーズ / 雨の日の罠(1970年)
  • 太陽にほえろ!東宝
    • 第31話「お母さんと呼んで」(1973年) - 秋津大四郎
    • 第185話「虹」(1976年) - 板倉副社長
    • 第213話「正当防衛」(1976年) - 城東精機社長
    • 第234話「おさな子」(1977年) - 森正造
    • 第259話「怪物」(1977年) - 債権者
    • 第346話「華麗なる証人」(1979年) - 原田洋三
    • 第428話「ドック対ドッグ」(1980年) - 上原(竜神会支部長)
    • 第538話「七曲署・1983」(1983年) - 木村伝兵衛
  • マグニチュード8.5!! 東京大地震(1975年)
  • 愛のサスペンス劇場 / 薪能(1977年)
  • 大追跡 第10話「耳」(1978年)
  • 新五捕物帳
    • 第47話「月とすっぽん」(1978年)
    • 第71話「恋情け涙の十手」(1979年)
    • 第96話「おりん供養」(1980年)
    • 第118話「おりつ恋唄」(1980年)
    • 第141話「闇に消えた男」(1981年)

TBS編集

CX編集

NET→ANB編集

12ch→TX編集

  • 新春ワイド劇場 / 大願成就(1965年)
  • プレイガール 第29話「女度胸の見せどころ」(1969年)
  • 蛇姫様(1972年)
  • 大江戸捜査網(三船プロ)
    • 第81話「賭場荒し」(1972年)
    • 第142話「殺意なき殺人」(1974年) - 白子の弥平
    • 第173話「悲恋 黒絵馬の女」(1975年) - 瀧原外記
    • 第221話「十手に賭ける遊女秘話」(1975年) - 堀田大膳
    • 第240話「涙の操り人形」(1976年) - 三橋会所頭取・井筒屋徳兵衛
    • 第281話「雨の朝江戸に死す」(1977年) - 相模屋
    • 第303話「緊急指令! 人質を救出せよ」(1977年) - 香月忠成
    • 第311話「父子同心復讐の子守唄」(1977年) - 井筒屋
    • 第344話「姉妹芸者涙の仇討ち」(1978年) - 和倉大膳
    • 第369話「殺意なき用心棒」(1978年) - 朝日奈典膳
    • 第431話「暴れ駕篭泣き笑いの縁結び」(1980年) - 越後屋
    • 第453話「美女誘拐螢火の罠」(1980年) - 角屋利兵衛
  • ザ・スーパーガール 第36話「夜の女子寮 狙われたチアガール」(1979年、東映)

吹き替え編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 本名同じとする文献もある[1][4]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、54頁。
  2. ^ a b c d 新撰 芸能人物事典 明治〜平成. “河村 弘二”. コトバンク. 2019年12月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 『芸能人物事典 明治大正昭和』日外アソシエーツ、1998年、170頁。ISBN 4-8169-1513-3
  4. ^ a b c d e f g h i 『日本映画人名事典』男優篇 上巻、キネマ旬報社、1996年、494頁。ISBN 4-87376-188-3

外部リンク編集