メインメニューを開く

河村 弘二(かわむら こうじ、1913年12月13日[1] - 1998年8月12日)は、日本俳優男性声優である[2][3]。本名は河村 弘仁(読み同じ)[2][注 1]

かわむら こうじ
河村 弘二
本名 河村 弘仁
生年月日 (1913-12-13) 1913年12月13日
没年月日 (1998-08-12) 1998年8月12日(84歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市麻布区(現在の東京都港区
職業 俳優男性声優
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇トーキー)、テレビ映画
活動期間 1928年 - 1980年代
配偶者 西口紀代子

創作座[1]P.C.L映画製作所[1]文学座[1]東宝を経て[1]東京俳優生活協同組合に所属していた[1]

目次

来歴・人物編集

1913年12月13日東京府東京市麻布区(現在の東京都港区)に生まれる[2][3]。本名同じの説もある[3]

府立第八中学校(現在の東京都立小山台高等学校)卒業後、劇団プレイボーイズを経て、創作座に入団し『デット・エンド』『大地』などに出演する[2][3]

1936年P.C.L.映画製作所が製作した木村荘十二監督映画『彦六大いに笑ふ』で映画デビュー[2][3]1937年文学座に入り、『クノック』『秋水嶺』などに出演[2][3]1938年、P.C.L.映画製作所とJ.O.スタヂオが合併した東宝に入社して、多数の作品に出演した[2][3]

1940年に応召され、中支へ行き、1946年に復員した後、プレヤーズ・センターを経て東京俳優生活協同組合に入る[2][3]。以後はNHKラジオドラマテレビドラマなどに出演していた。

1998年8月12日、死去した[2][3]。満84歳没。妻である西口紀代子も女優として活躍していた。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

吹き替え編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 本名同じとする文献もある[1][3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、54頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年、170頁。ISBN 4-8169-1513-3
  3. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画人名事典』男優篇 上巻、キネマ旬報社、1996年、494頁。ISBN 4-87376-188-3

外部リンク編集