河村智康

日本のドラマー

河村 智康(かわむら のりやす、1960年5月3日 - )は、東京都出身のドラマースタジオミュージシャン。愛称の「カースケ」から、河村"カースケ"智康ともクレジットされる。息子は同じくドラマーの河村吉宏

河村 智康
別名 河村"カースケ"智康
生誕 (1960-05-03) 1960年5月3日(62歳)
出身地 東京都
ジャンル J-POP
ロック
職業 ミュージシャン
ドラマー
担当楽器 ドラム
活動期間 1981年 -

人物編集

10代前半の頃に結成したバンド「ぴかぴか」がコンテストで優勝したことをきっかけにプロの世界に入り、二十歳の頃からドラマーとして活動を開始[1]

白井貴子& CRAZY BOYSのドラマーである[2]。また1990年代後半には人気ドラマーとなり、サポート・ミュージシャンとして桑田佳祐福山雅治藤井フミヤ椎名林檎氷室京介スキマスイッチ徳永英明松任谷由実星野源コブクロなど、数多くの著名ミュージシャンのアルバムやツアーに参加している[3][4]。頼まれればボーカルも務める。ドラムセットはカノウプスの物を使用。

影響を受けたアイドルはザ・タイガースビートルズ。趣味はビンテージギター集め[5]。長髪を頭の後ろで下に束ねて垂らし、口髭と顎髭を蓄えた仙人のような風貌である[3]。ステージではおとなしい性格。桑田佳祐曰く下戸とのこと。

プレイスタイル編集

ビートルズに影響を受けたというドラムはシンプルでタイトなリズムでバンドサウンドの根幹を成すようなドラミングで、余計なことを一切しないグルーヴィーなサウンドが特徴である。特定の師匠を持ったことがなく、ルーディメンツなどのテクニカル練習もしない。感覚やフィーリングを大切にしており、基礎練習よりはコピー練習をして感覚を掴むことを勧めている。ドラムセットは非常に低くセッティングしてあり、理屈ではなくフィーリングを大切にした結果そのようになった。バンドアンサンブルを何よりも重視しており、ドラムは単独の楽器ではなく、曲と合わせてこそ意味を成すというポリシーを持っている[3][5]

経歴編集

1981年
  • 「ぴかぴか」のドラムスとしてメジャーデビュー[4][5]
1985年 - 1987年
  • 「GRANNY TAKE A TRIP」を結成[4]
  • 「白井貴子&Crazy Boys」に参加。以降、スタジオミュージシャンとしても活動を始める。
1998年 - 1999年
2000年
2002年
2003年
  • 桑田佳祐のソロツアー「Act Against AIDS 2003“栄光のDISCO & SOUL”」に参加。
2006年
2007年
  • 7月、『ap bank fes '07』にBank Bandのメンバーとして参加。
  • 11月 - 12月、「桑田佳祐 LIVE TOUR 2007」にツアーバンドのメンバーとして参加。以降、桑田のソロコンサートに毎回参加。
2008年
2009年
  • 5月、亀田誠治総指揮によるライブイベント「亀の恩返し」に参加。
  • 5月30日、FM802の開局20周年スペシャルイベント「FM802 STILL20 SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」にシークレットゲストとして登場した桑田佳祐のスペシャルバンドのメンバーとして参加。
  • 7月、『ap bank fes '09』にBank Bandのメンバーとして参加。
2010年
  • 7月、『ap bank fes '10』にBank Bandのメンバーとして参加。
  • FNS歌謡祭2010武部聡志音楽団に参加
2011年
  • 7月、『ap bank fes '11 Fund for Japan』にBank Bandのメンバーとして参加。
  • 9月10日・11日、桑田佳祐のソロ公演「宮城ライブ〜明日へのマーチ!!〜」に参加。
2012年
  • 7 - 8月、『ap bank fes '12 Fund for Japan』にBank Bandのメンバーとして参加。
  • 5月27日、自身の名義では初となるドラム教則DVD『河村“カースケ”智康 Kaasuke Plays Drums』を発売。
2013年
  • 5月、亀田誠治主催のライブイベント「亀の恩返し2013」に参加。
2014年
  • 10月12日、亀田誠治がホストを務めるライブイベント「J-WAVE『BEHIND THE MELODY』〜FM亀の恩返し supported by イープラス」に参加。
2015年
  • 星野源の4thアルバム『YELLOW DANCER』のレコーディングに参加。
  • FNS歌謡祭2015武部聡志音楽団に参加
2016年
  • 7月、『Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016』として4年ぶりに開催されたap bank fesにBank Bandのメンバーとして参加。
  • 星野源の9thシングル『』のレコーディングに参加[7]、PVにも出演。
  • 10月、『MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank』にBank Bandのメンバーとして参加。
  • 12月、桑田佳祐のソロ公演「桑田佳祐 年越しライブ2016『ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~』」に参加。
2017年
2018年
  • 星野源の11thシングル『ドラえもん』のレコーディングに参加。
  • 7月、『ap bank fes '18』にBank Bandのメンバーとして参加。
2019年
  • 星野源 DOME TOUR2019「POP VIRUS」に参加。
2022年
  • 8月、ミュージカル『ジャニス』にバンドマンとして出演[8]

参加グループ編集

サポート/レコーディング参加編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2003年に行われたCAROLツアーおよびDMT with GOTAは除く。
  2. ^ 同ライブでベースを担当した亀田誠治の紹介。

出典編集

  1. ^ 河村カースケ智康”. リットー・ミュージック. 2017年6月11日閲覧。
  2. ^ 【エンタがビタミン♪】“ハマ・オカモト”ミーツ“INORAN”。レアショットにコメントも舞い上がる。”. Techinsight japan (2015年3月1日). 2017年3月17日閲覧。
  3. ^ a b c 河村”カースケ”智康〜Kawamura Noriyasu〜”. DrumStreet.net (2016年12月14日). 2017年6月11日閲覧。
  4. ^ a b c miwa、ライトハンド奏法初披露のツアー<miwa concert tour 2013“Delight”>をスタート”. BARKS (2013年7月15日). 2017年7月2日閲覧。
  5. ^ a b c 河村カースケ智康”. CANOPUS. 2017年3月17日閲覧。
  6. ^ 「IDO presents LIVE RECOMMEND〜やるか逃げるか〜」ライブイベント”. ユニバーサルミュージック (2016年12月14日). 2017年7月2日閲覧。
  7. ^ 星野源「恋ダンス」も社会現象 最新シングルが音楽シーンを席巻中”. ドワンゴ (2016年12月2日). 2017年3月17日閲覧。
  8. ^ ジャニス・ジョプリンの半生描くミュージカル「ジャニス」主演はアイナ・ジ・エンド”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年5月26日). 2022年5月26日閲覧。
  9. ^ 11thアルバム「Popcorn」のクレジットから。