メインメニューを開く

河村望

河村 望(かわむら のぞむ、1931年(昭和6年) - 2015年(平成27年)頃[1])は、日本社会学者東京都立大学名誉教授。

東京河村只雄の子として生まれる。1954年(昭和9年)東京大学文学部卒業、東京都立大学助教授、教授、1993年(平成5年)定年退官、名誉教授、東京女子大学教授。2000年(平成12年)に退職する。1960年(昭和35年)-1962年(昭和37年)フルブライト留学生として米国フィスク大学に学ぶ。ジョージ・ハーバート・ミードジョン・デューイを研究し著作集全15巻を個人訳した。ほか柳田國男にも関心があり、日本の神話・民話についても研究。

目次

著書編集

  • 『黒人大学留学記 実感的アメリカ論』弘文堂 1963 フロンティア・ブックス
  • 『現代社会学とマルクス主義』汐文社 1968 新社会学双書
  • 『現代社会とイデオロギー』汐文社 1968 解放新書
  • 『現代イデオロギー批判』汐文社 1970 解放新書
  • 『日本社会学史研究』人間の科学社 1973-1975
  • 片山潜』汐文社 1974 民主主義の思想家
  • 『現代思想と民主主義』青木書店 1976
  • 『国家と社会の理論』青木書店 1979
  • 『市民社会と社会学』御茶の水書房 1982
  • 『日本文化論の周辺』人間の科学社 1982
  • 『現代社会の解剖 アメリカと日本』人間の科学社 1985
  • 『知識社会学の諸相』白石書店 1987
  • 『資本論における社会と人間』大月書店 1990 科学全書
  • 古事記を読む』人間の科学社 1991
  • 高田保馬の社会学』いなほ書房 1992 社会学史研究叢書
  • 『日本文化の原形』人間の科学社 1993
  • 『上総の飛鳥』人間の科学社 1994
  • 『社会学講義』人間の科学社 1994
  • 『G.H.ミードと伊波普猷 プラグマティズムと沖縄学』新樹社 1996
  • 『日本社会の近代化と宗教倫理』溪水社 1999
  • 日本書紀を読む』人間の科学新社 1999
  • 『柳田国男の世界』人間の科学新社 1999
  • 『自我とコミュニケーションの理論』人間の科学新社 2000
  • 『和魂和才の時代』人間の科学新社 2001
  • 『歴史・教育・社会』人間の科学新社 2002
  • 『知られざる社会学者成瀬仁蔵』人間の科学新社 2003
  • 『日本社会学の頽廃を悲しむ 新しい学問の玉依姫は今や訪い来たって彼が柴の戸を叩いているのである』人間の科学新社 2003
  • 『デューイとミードと成瀬仁蔵』人間の科学新社 2004
  • 百合若大臣と猫の王』人間の科学新社 2004
  • 『経験としての物語 人形浄瑠璃の世界』人間の科学新社 2005
  • タウンゼント・ハリス堀田正睦 日米友好関係史の一局面』人間の科学新社 2005
  • 『物語の世界 忠臣蔵曽我兄弟・聖書』人間の科学新社 2005
  • 『夜明け ジョン万次郎佐倉惣五郎』人間の科学新社 2005
  • ロビンソン・クルーソーは炭焼小五郎だった』人間の科学新社 2005
  • 『日本の精神・自我・社会 日本社会の近代化』人間の科学新社 2006
  • 『近代日本の社会と文化 明治維新とは何だったのか』人間の科学新社 2007
  • 『帝とかぐや姫 『竹取物語』の世界』人間の科学新社 2007
  • 『プラグマティズムで読み解く明治維新 近代日本国家と国民の形成』人間の科学新社 2009

共編著編集

  • 急進主義と世界の学生運動』佐々木一司共著 1969 新日本新書
  • 現代社会学と社会的現実』宇津栄祐共著 青木書店 1971
  • 日本資本主義と民間神道 諏訪の製糸業と諏訪大社信仰』編著 多賀出版 1992

翻訳編集

  • ギルバート・グリーン『マルクス主義かアナキズムか 新しいラディカリズム』青木書店 1972
  • C・ライト・ミルズ『新しい権力者 労働組合幹部論』長沼秀世共訳 青木書店 1975
  • ロバート・H・ローウィ『原始社会』河村只雄共訳 未来社 1979
  • ノーム・チョムスキー『知識人と国家』ティビーエス・ブリタニカ 1981
  • T.W.ゴフ『マルクスとミード 知識社会学への寄与』監訳 御茶の水書房 1982
  • ローレンス・クレーダー『市民社会の弁証法』御茶の水書房 1983
  • ロバート・J.スミス,エラ・ルーリィ・ウィスウェル『須恵村の女たち 暮しの民俗誌』斎藤尚文共訳 御茶の水書房 1987
  • ロバート・A・ダール『統治するのはだれか アメリカの一都市における民主主義と権力』高橋和宏共監訳 行人社 1988
  • G.H.ミード『19世紀の思想動向 社会学思想史講義』近藤敏夫共監訳 いなほ書房 1992-94
  • 『デューイ=ミード著作集』全15巻 人間の科学(新)社 1995-2003
  • D.C.キンメル,I.B.ワイナー『思春期・青年期の理論と実像 米国における実態研究を中心に』永井撤共監訳 ブレーン出版 2002

脚注編集

参考編集