メインメニューを開く

河東 泰之(かわひがし やすゆき、Yasuyuki Kawahigashi1962年 - )は日本数学者東京大学大学院数理科学研究科教授。専門は作用素環論[1]

略歴編集

麻布高等学校卒(1981年)。東京大学理学部数学科卒(1985年)。同大学院修士課程修了(1987年)。理学博士(東京大学)取得(1990年、論文博士)。カリフォルニア大学ロサンゼルス校博士号 (Ph.D) 取得(1989年)。東京大学理学部助手、同講師、同助教授を経て現職。2014年度は東大で、教養自然科学委員会委員、教養総合的教育改革実施特別委員会委員、教養総合科目運営委員会委員、全学カリキュラム改革部会委員を務めている。

最大の業績[2]2004年イタリア数学者Roberto Longo[3]と共著で書いた「Classification of local conformal nets. Case c< 1」である。中心電荷が1未満という限定された条件で、Longoと共に分類理論を完成させた。

人物編集

父親は石油会社勤務、母親は公文教室の先生という家庭環境で育つ[4]。本人も小学6年生時から中学1年生時にかけて公文を学習していた。また娘も公文を学習していたということで、三代続く公文一家である。小学校入学前に四則計算、小学6年生時には微分積分の計算もできた。学校では浮いている方で、中学・高校時代の友達との会話も考えも多少ずれていると自覚はしていたが、悩むことはなかった。大学に入学してからはソフトウエアの本を何冊も書くようになり、その中の一冊が売れて、本の印税で学生生活をしていた。カリフォルニア大学ロサンゼルス校での指導教官は富田・竹崎理論竹崎正道[5]。弟子に現在日本の作用素環論をリードする小澤登高、元同僚に作用素環論の研究者の泉正己[6]麻布中学校・高等学校の同級生にコール賞受賞者の中島啓、麻布高校の5年後輩で現在の同僚に数学者の辻雄がいる。

指導編集

「全部完全にわかった」という状態になるまで,考えたり,調べたり,人に聞いたりするのをやめてはならない. こういうことができない人が,大学院の博士課程にいるのはおかしい. という姿勢で知られる[7]

受賞歴編集

  • 2000年 - 第1回作用素環賞
  • 2002年 - 日本数学会賞春季賞

脚注編集

外部リンク編集