河東 燈士(かわひがし とうじ、1948年8月18日 - 1997年7月18日[1])は、日本のオペラ歌手俳優東京都豊島区出身。血液型はO型。

かわひがし とうじ
河東 燈士
生年月日 (1948-08-18) 1948年8月18日
没年月日 (1997-07-18) 1997年7月18日(48歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都豊島区
血液型 O型
職業 オペラ歌手俳優
ジャンル オペラ歌手俳優
主な作品

テレビ番組

たのしいきょうしつ
テンプレートを表示

経歴編集

1979年4月から1983年3月まで、『たのしいきょうしつ』で、水森亜土と一緒に、お兄さんを務める。

奨学生としてヨーロッパに留学。教会音楽を専攻し、音楽療法の博士号を取得。その後ドイツの歌劇団で9年間、バスバリトン歌手として活躍し、『魔笛』のパパゲーノや「ドン・キホーテ」のサンチョ・パンサなどを演じた。1990年帰国、のちミュージカルなどにも多数出演し、「魔女の宅急便」「オズの魔法使い」の他、映画「マルタイの女」など出演。傍ら、音楽療法の指導を行う。一方、留学中ケーキづくりに没頭。帰国後、保母から相談を受けたことをきっかけに、保母向けの雑誌に、ニンジンやオカラを使ったパウンドケーキや、ゴマ入り揚げドーナツボールなどの作り方を連載、好評を博す。

出演作品編集

テレビ編集

新・半七捕物帳第10話 そば屋役

映画編集

脚注編集