メインメニューを開く

河東郡(かとう-ぐん)は、中国にかつて存在した秦代から唐代にかけて、現在の山西省南部に設置された。

概要編集

秦のとき、河東郡が立てられた。郡治は安邑に置かれた。

前漢のとき、河東郡は安邑・大陽猗氏蒲反河北左邑汾陰聞喜濩沢端氏臨汾皮氏長修平陽襄陵北屈蒲子狐讘の24県を管轄した。王莽のとき、兆陽郡と改められた[1]

後漢のとき、河東郡は安邑・楊・平陽・臨汾・汾陰・蒲坂・大陽・解・皮氏・聞喜・絳・永安・河北・猗氏・垣・襄陵・北屈・蒲子・濩沢・端氏の20県を管轄した[2]

のとき、河東郡は安邑・聞喜・垣・汾陰・大陽・猗氏・解・蒲坂・河北の9県を管轄した[3]

北魏のとき、河東郡は安定・蒲坂・南解北解・猗氏の5県を管轄した[4]

北周のとき、河東郡は蒲州に属した。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、河東郡は廃止されて、蒲州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、蒲州が河東郡と改称された。河東郡は河東桑泉・汾陰・竜門芮城安邑河北・猗氏・虞郷の10県を管轄した[5]

618年武徳元年)、唐により河東郡は蒲州と改められ、河東・桑泉・猗氏・虞郷の4県を管轄した。742年天宝元年)、蒲州は河東郡と改称された。758年乾元元年)、河東郡は蒲州と改称され、河東郡の呼称は姿を消した[6]

脚注編集

  1. ^ 漢書』地理志上
  2. ^ 後漢書』郡国志一
  3. ^ 晋書』地理志上
  4. ^ 魏書』地形志二下
  5. ^ 隋書』地理志中
  6. ^ 旧唐書』地理志二