メインメニューを開く
河渡 長柄川鵜飼 (木曽街道六十九次)
渓斎英泉
岐阜県博物館所蔵

河渡宿(ごうどじゅく)は中山道54番目の宿場(→中山道六十九次)。美濃国方県郡河渡村(現・岐阜県岐阜市)に存在した。

加納宿から河渡宿へは長良川を渡る必要があったため、1881年(明治14年)に河渡橋が架けられるまでは「河渡の渡し」を利用していた。

河渡宿は、長良川右岸堤下から東町、中町、西町の三町で構成されるが、全長は三町なので、330mという短さである。「 本陣は水谷治兵衛、問屋は久衛門、庄屋は水谷徳兵衛が務めていた 」と徳川幕府太平の記録にある。

概略編集

史跡・みどころ編集

 
横面に一里塚跡と刻まれた石碑
  • 観音堂(馬頭観音
  • 松下神社(河渡宿一里塚跡の石碑がある)

美江寺宿までの史跡・みどころ

  • 馬場地蔵道祖神
  • 本田地蔵堂
  • 本田代官所跡

隣の宿編集