河竹繁俊

河竹 繁俊(かわたけ しげとし、1889年6月9日 - 1967年11月15日)は、日本の演劇学者。文学博士。旧姓は市村(いちむら)。

来歴・人物編集

長野県下伊那郡山本村(現・飯田市)に市村保三郎の三男として生まれる。旧制飯田中学まで毎日10キロ程徒歩で通学。早稲田大学英文科卒。在学中、坪内逍遥文芸協会演劇研究所に入り、俳優、演出助手を務める。

1911年、逍遥の推薦で河竹黙阿弥の娘・糸女の養子となる。1923年、早稲田大学講師、のち教授。演劇博物館館長を務め、歌舞伎史、比較演劇を中心に演劇史を研究した。1960年「日本演劇全史」で日本学士院賞受賞。1967年文化功労者日本演劇学会初代会長で逝去まで会長を務めた。2008年、早大演劇博物館名誉館長の称号を授与された。次男はやはり演劇学者の河竹登志夫金城学院大学初代学長の市村与市は実兄。

著書編集

  • 『河竹黙阿弥』 演芸珍書刊行会、1914
  • 『歌舞伎史の研究』 東京堂、1943
  • 『日本演劇図録』 朝日新聞社、1956
  • 『歌舞伎事典』 実業之日本社、1957
  • 『日本演劇全史』 岩波書店、1959

参考文献編集

  • 『作者の家』 河竹登志夫 著、岩波現代文庫、1980
  • 私の履歴書 13集』日本経済新聞連載 1961年7月20日発行