メインメニューを開く
1948年

河角 廣(かわすみ ひろし、1904年7月12日- 1972年12月12日)は、日本地震学者

目次

経歴編集

長野県諏訪郡富士見村(現富士見町)出身。長野県立諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)を経て、東京帝国大学卒業。1944年母校東京帝国大学の地震研究所教授となり1963年所長に就任。日本各地の地震危険度と最高震度の期待値を示す「河角マップ」は耐震基準における地震地域係数の根拠となった。また南関東の地震69年周期説[1][2]を唱えた。

主要論文編集

  • 地震動と地震記象補遺 地震 第1輯 Vol.4 (1932) No.3 P.167-169, doi:10.14834/zisin1929.4.167
  • 震度と震度階 地震 第1輯 Vol.15 (1943) No.1 P.6-12, doi:10.14834/zisin1929.15.6
  • 標準用語制定に就て 地震 第1輯 Vol.16 (1944) No.2 P.29-32, doi:10.14834/zisin1929.16.29
  • 淺發地震の發電機巧, 初動分布と地殼構造 地震 第1輯 Vol.6 (1934) No.1 P.32-53, doi:10.14834/zisin1929.6.32
  • 福井地震に就いて」 地学雑誌 Vol.57 (1948-1949) No.2 P.93a-94, doi:10.5026/jgeography.57.93a
  • 河角廣、『わが國における地震危險度の分布』 Journal of architecture and building science 66(773), p.3-8, 1951-04-20, NAID 110003778860
  • 有史以來の地震活動より見たる我國各地の地震危險度及び最高震度の期待値」 東京大學地震研究所彙報. 第29冊第3号, 1951.10.5, pp.469-482, hdl:2261/11692
  • 『日本に起る地震のエネルギー法則』 東京大學地震研究所彙報. 第30冊第4号, 1952.1.30, pp. 319-323, hdl:2261/11735
  • 『東京附近に起る地震のエネルギー法則』 東京大學地震研究所彙報. 第30冊第4号, 1952.1.30, pp. 325-330, hdl:2261/11736
  • 『古記録から拾った大地震 マグニチュード7.9以上が30近くも (超大地震への警告(特集)) 』 科学朝日 28(9), 40-42, 1968-09
  • 『関東南部地震 69 年周期の証明とその発生の緊迫度ならびに対策の緊急性と問題点』 J. Geogr. 79(3), 115-138, 1970, doi:10.5026/jgeography.79.3_115, NAID 130000800077
  • 地震の予知と防災 社団法人地盤工学会 土と基礎 18(4), 1-5, 1970-04-25, NAID 110003965241
  • サンフェルナンド(ロサンゼルス)地震とその教訓(<小特集>地震と都市防災) Soil mechanics and foundation engineering 19(8), 34-40, 1971-08-25, NAID 110003965379
共著・共同執筆
  • 河角廣、吉山良一、『昭和6年2月20日日本海北部の地震の調査 (第一報)』 地震 第1輯 Vol.6 (1934) No.8 P.415-442, doi:10.14834/zisin1929.6.415
  • 河角広、佐藤泰夫、『昭和21年12月21日南海大地震概報』 地震研究所研究速報. 第5号, 1947-04-15, pp. 1-35, hdl:2261/13856
  • 河角廣、佐藤泰夫、『偶然數列に現れる疑似周期に就いて 種々の數列の偶然性判定法』 応用物理 Vol.16 (1947) No.1 P.1-8, doi:10.11470/oubutsu1932.16.1
  • 佐山守、河角広、『古記録による歴史的大地震の調査(第一報)(弘化四年三月二十四日善光寺地震)』 地震研究所研究速報. 第10号第2冊, 1973-03, pp.1-50, hdl:2261/13894
  • 高橋竜太郎、河角広、竹山謙三郎、金井清、武藤清、『地震時における高層建築上下各部の振動様相の研究』 建築雑誌. 研究年報 60, p.139-140, 1960-07-18, NAID 110006334514

脚注編集

関連項目編集