メインメニューを開く
河跡湖公園

河跡湖公園(かせきここうえん)とは、岐阜県各務原市にある公園である。川島松原町・川島河田町・川島松倉町にまたがっている。

鉄砲川木曽川の支流だったが、1923年(大正12年)に廃川となり、河跡湖が残された。この河跡湖を中心として、河川敷とその周辺を整備した公園である。

目次

歴史編集

1975年(昭和50年)頃に岐阜県羽島郡川島町が公園の整備を計画し、1998年(平成10年)に基本計画がまとまった。2004年(平成16年)に川島町が各務原市に編入されると、2007年(平成19年)、各務原市の「水と緑の回廊計画」の一つとして整備が始まり、2009年(平成21年)3月14日に開園した。

特色編集

  • 旧鉄砲川流域が公園であり、広さは5.09ha。総延長は約1.5km。東西に細長い公園であり、東端はエーザイ川島工園、西端は木曽川堤防になる。途中で岐阜県道(一宮各務原線松原芋島線)と市道が通る。
  • 柞下池、三ツ屋池[1]の2つの河跡湖[2]のを中心に、周辺の樹木、自然を生かしながら、中高木をふんだんに植栽し、散策路や憩いの広場を設けた公園となっている。また、鉄砲川流域の神社や祠(榎神社、川除大神社、水神社など)は公園の一部となっている。
  • 大きく4つのエリアとなっている。上流域は苗木植樹ゾーンと水遊びの河原。中流域は芝生広場、森の遊び場。柞下池周辺は散策道。三ツ屋池周辺には、旧堤防を利用した散策道と雑木林がある。
  • 駐車場は数箇所に散らばり、計30台分ある。

施設など編集

  • 眺望デッキ
  • 木製遊具
  • スカイロープ
  • ストレッチ遊具
  • 芝生広場

アクセス編集

  • 名鉄バス一宮川島線「松倉口」バス停下車。
  • 岐阜バス川島前渡線「川島河田町」「川島振興事務所前」「松倉口」バス停下車。
  • 各務原市ふれあいバス川島南部線「川島小学校前」「松倉公民館前」バス停下車。
上流域に近いのは「松倉口」「松倉公民館前」。中流域に近いのは「川島振興事務所前」「川島小学校前」。柞下池・三ツ屋池周辺に近いのは、「川島河田町」である。

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 柞下池、三ツ屋池は、ホウスモト池、ミツヤ池と表記される場合もある。
  2. ^ 正確には雁場池(ガンバ池 雁場橋上流付近)も含めた3つである。雁場池は1985年頃に土地の所有者によって埋められたのを復元したものであるが、案内板には記述はされていない。

外部リンク編集