メインメニューを開く

河野 昭修(こうの あきのぶ、1930年8月22日 - 2011年8月8日)は、福岡県出身のプロ野球選手内野手)。

河野 昭修
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1930-08-22) 1930年8月22日
没年月日 (2011-08-08) 2011年8月8日(80歳没)
身長
体重
173 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手遊撃手二塁手
プロ入り 1950年
初出場 1952年
最終出場 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 西鉄ライオンズ (1960 - 1969)

経歴編集

福岡県立修猷館高等学校から早稲田大学を経て、西日本鉄道入社。ノンプロ・西日本鉄道野球部に所属。

1950年西鉄クリッパースに入団。三原脩監督率いる西鉄は一番から高倉照幸豊田泰光中西太大下弘関口清治・河野・仰木彬和田博美と続く「流線型打線」を形成し、稲尾和久が入団した1956年からはリーグ3連覇。日本シリーズでは巨人と3度戦い、3年連続日本一を達成するという黄金時代を築き上げ、現在でも語られるほどの伝説的な強さを誇った。1959年現役引退。コーチに就任し、1970年まで務めた。

退団後は福岡放送日本テレビ系列)で野球解説者を務めた。

現役時代のポジションは内野手だった。はじめは三塁手で、中西の入団後、遊撃手コンバートされた。しかし豊田の入団で二塁手にコンバートされた。さらに仰木彬の入団で、一塁手へ転向した。一塁の守備は、非常に上手く、どのような送球でも捕ったことから、「蝿取紙」のニックネームがついた。また豊田は、自伝「風雲録」で、河野が一塁に定着してからエラーが減ったと述べている。打撃であまり長打は無かったものの、その業師ぶりでチームの勝利に貢献した。

打撃ではホームランバッターではなかったが、六番打者として主軸並みの二塁打をよく放ち[1]、強いチームには必ずいい六番打者がいるという定説の通り、ゲームを動かす重要な役割を担った。日本シリーズで対戦したこともある広岡達朗は「流線型打線って言って、みんな大下さん、中西や豊田って言っていた時代、あの中に河野さんって人がいたが、あの人が中々曲者で嫌だった」と話したことがある。豊田も「西鉄打線がなぜ破壊力があったかというと、六番に河野さんが入っていたから」「回の先頭の河野さんが二塁打したら、次の仰木が何とか三塁に進める。そうなったら八、九番の和田と稲尾でも何とかしますよ。これが河野さんと仰木で無死一塁、三塁ならもうビッグイニングになる可能性がある。西鉄打線はバランスよくどこからでも得点できた」と振り返っている。[2]

修猷館高校から入団した、西鉄唯一の「博多っ子」として知られる。

2011年8月8日、腎不全のため福岡県福岡市西区の病院で死去。享年80[3]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1952 西鉄 9 12 12 0 5 2 0 0 7 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 1 .417 .417 .583 1.000
1953 58 113 107 9 24 5 1 1 34 5 1 0 2 -- 3 -- 1 20 1 .224 .252 .318 .570
1954 136 548 488 62 129 15 7 13 197 41 9 10 21 0 37 -- 2 79 6 .264 .319 .404 .722
1955 141 453 397 53 97 12 5 3 128 28 17 4 15 1 36 0 4 54 9 .244 .314 .322 .636
1956 153 569 497 65 134 23 3 2 169 38 14 13 27 0 43 0 2 65 9 .270 .330 .340 .670
1957 131 413 373 27 92 9 3 1 110 28 5 7 16 2 21 0 1 63 4 .247 .289 .295 .584
1958 115 299 278 20 56 6 0 0 62 18 0 3 7 0 13 0 1 54 4 .201 .240 .223 .463
1959 78 145 136 11 20 10 0 0 30 6 0 2 2 0 7 0 0 25 3 .147 .189 .221 .409
通算:8年 821 2552 2288 247 557 82 19 20 737 164 46 39 90 3 160 0 11 361 37 .243 .296 .322 .618
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

背番号編集

  • 31 (1950年 - 1952年)
  • 9 (1953年 - 1959年)
  • 40 (1960年 - 1969年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 初の日本一となった56年は23本(豊田は28本、中西は27本)
  2. ^ 週刊ベースボール 2012年5月14日号 P53
  3. ^ 西鉄の黄金期支えた河野昭修氏死去”. 日刊スポーツ (2011年8月8日). 2011年8月8日閲覧。

関連項目編集