メインメニューを開く

河野裕 (小説家)

河野 裕(こうの ゆたか、1984年 - )は、日本小説家ゲームデザイナー徳島県出身、兵庫県在住[1]。男性。

河野 裕
(こうの ゆたか)
ペンネーム 河野 裕
(こうの ゆたか)
誕生 1984年????
日本の旗 日本徳島県
職業 小説家
ゲームデザイナー
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2009年 -
ジャンル ライトノベル
サイエンス・フィクション
ミステリ推理小説
代表作サクラダリセット』シリーズ
主な受賞歴 2015大学読書人大賞(『いなくなれ、群青』)
デビュー作サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

徳島県出身、グループSNEに所属し[1]、小説の執筆の傍ら、ゲームの制作も手掛けている。

2009年、「サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY」で角川スニーカー文庫角川書店)より小説デビュー。同年、TRPG『ゲヘナ〜アナスタシス〜』のリプレイ「ミラージュオーシャン・ログブック―Replay:ゲヘナ〜アナスタシス〜」で、integralジャイブ)より、リプレイ作家としてもデビューを果たす。

影響を受けた作家として秋田禎信乙一村上春樹西尾維新などを挙げている[2]

2009年、夏バテのためにパピコを多食した結果糖尿病を患い、夏から初秋にかけて入院した。

2015年、『いなくなれ、群青』で第8回大学読書人大賞受賞。

作風・傾向編集

本文で書いていなかったことをイラストで先に描かれていたら、合わせている[3]

また、書いて行き詰まってからがいちばん思考がまとまるタイプである[3]。その為、プロットができてから書くことはあまりないが、『最良の嘘の最後のひと言』は立てて書いたという[3]。逆に、『密室の中のホールデン』ではプロットを捨てて書こうとしたが、プロットを完全に捨ててはダメなんだと気づくことになった[3]

「会話をリアルに書こう」とは意識しておらず、口語体である文章も書こうとする意識のなかでは文語体になっている[3]。というのも、小説の手法は「言葉を記号化するものだ」という意識から読みやすさを優先しており、リアリティは無視しているとのこと[3]。普通はしない表現だけれど、こう書いたほうが誤読が少ない、といった文筆の傾向がある[3]。ただし、『最良の嘘の最後のひと言』は台詞を台詞として書き、記号的ではない(思想的に変わっていない)キャラクターを表現したと語っている [3]

作品編集

既刊小説編集

角川スニーカー文庫」刊
  • サクラダリセットシリーズ(全7巻、イラスト:椎名優
    • サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY(2009年6月1日)
    • サクラダリセット2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL(2010年3月1日)
    • サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN(2010年9月1日)
    • サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY(2010年12月1日)
    • サクラダリセット5 ONE HAND EDEN(2011年5月1日)
    • サクラダリセット6 BOY, GIRL and --(2011年12月1日)
    • サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA(2012年4月1日)
  • ベイビー、グッドモーニング(単巻、イラスト:椎名優、2012年4月1日)
  • ウォーター&ビスケットのテーマ(イラスト:椎名優、共著:河端ジュン一
    • ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争(2017年9月1日)
    • ウォーター&ビスケットのテーマ2 夕陽が笑顔にみせただけ(2018年4月1日)
角川文庫」刊
  • つれづれ、北野坂探偵舎シリーズ(イラスト:秀良子
    • つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてない(2013年9月25日)
    • つれづれ、北野坂探偵舎 著者には書けない物語(2013年12月25日)
    • つれづれ、北野坂探偵舎 ゴーストフィクション(2014年3月25日)
    • つれづれ、北野坂探偵舎 感情を売る非情な職業(2015年3月25日)
    • つれづれ、北野坂探偵舎 トロンプルイユの指先(2015年10月24日)
  • サクラダリセットシリーズ(全7巻、※角川スニーカー文庫版に加筆・修正を加えて再刊行)
    • 猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1(2016年9月22日)
    • 魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2(2016年10月25日)
    • 機械仕掛けの選択 サクラダリセット3(2016年11月25日)
    • さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット4(2016年12月22日)
    • 片手の楽園 サクラダリセット5(2017年1月25日)
    • 少年と少女と、 サクラダリセット6(2017年2月25日)
    • 少年と少女と正しさを巡る物語 サクラダリセット7(2017年3月25日)
新潮文庫nex」刊
  • 「階段島」シリーズ(イラスト:越島はぐ
    • いなくなれ、群青(2014年9月1日)
    • その白さえ嘘だとしても(2015年6月1日)
    • 汚れた赤を恋と呼ぶんだ(2016年1月1日)
    • 凶器は壊れた黒の叫び(2016年10月28日)
    • 夜空の呪いに色はない(2018年2月28日)
創元推理文庫」刊
  • 最良の嘘の最後のひと言(単巻、イラスト:しおん、2017年2月27日)

雑誌掲載編集

  • サクラダリセットシリーズ短編
    • 月の砂を採りに行った少年の話(ザ・スニーカー 2010年4月号に掲載、サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAYに収録)
    • ある日の春埼さん《お見舞い編》(ザ・スニーカー 2010年8月号に掲載、サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAYに収録)
    • ビー玉世界とキャンディー・レジスト(ザ・スニーカー 2010年10月号に掲載、サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAYに収録)
    • ある日の春埼さん《友達作り編》(ザ・スニーカー 2010年10月号に掲載、サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAYに収録)
  • つれづれ、北野坂探偵舎シリーズ
    • 第一話 本を探す幽霊の誤謬(小説屋Sari-Sari 2013年7月号に掲載、つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてないに収録)
    • 第二話 迷子のリドル(小説屋Sari-Sari 2013年8月号に掲載、つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてないに収録)
    • 第三話 心理描写が足りてない(小説屋Sari-Sari 2013年9月号に掲載、つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてないに収録)
  • 密室の中のホールデン(小説屋sari-sari 2016年6月号より2017年5月号まで連載開始 単行本未収録)
  • 短編小説
    • ホワイトパズル(ザ・スニーカー 2009年6月号に掲載、サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAYに収録)
    • 八月一日〇時十八分〇八秒(ザ・スニーカー 2009年8月号に掲載、ベイビー、グッドモーニングに収録)

TRPG編集

  • ゲヘナ〜アナスタシス〜シリーズ
    • ゲヘナ〜アナスタシス〜リプレイ、イラスト:佐野タカシintegral
      • ミラージュオーシャン・ログブック―Replay:ゲヘナ〜アナスタシス〜(2009年8月27日)
      • ミラージュオーシャン・ログブック2―Replay:ゲヘナ〜アナスタシス〜(2010年3月13日)
    • サプリメント『獄王顕現』(ジャイブ)以降、制作スタッフ参加
  • エムブリオマシンRPGシリーズ
    • サプリメント『御前試合 Expantion』(ジャイブ)以降、制作スタッフ参加

その他編集

  • サクラダリセットシリーズ短編
    • ある日の春埼さん圧縮版 〜世界崩壊編〜 マチアソビvol.6にて配布。河野の出身地である徳島を舞台とした、特別書き下ろし。
    • ー(タイトル未詳) 角川文庫から新装版が刊行された際のキャンペーンの一環で、全7巻を購読した応募者の中から抽選で1名に宛てて贈答された本編の後日譚。当選者以外には非公開の書き下ろし
  • シリアルバレット・オイタナジー(小説投稿サイト「小説家になろう」、2013年2月26日)[4]
  • デーモントライブ(世界観監修、セガ、2013年2月28日サービス開始)
  • 阿波圏(徳島新聞朝刊・文化欄連載のコラム、徳島新聞社、2013年4月12日-2013年12月20日)
  • ファンタジーへの誘い-ストーリーテラーのことのは-(2016年6月 徳間書店)《インタビュー集》

脚注編集

外部リンク編集