メインメニューを開く

河野 通軌(こうの みちのり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将伊予国戦国大名河野氏の一族。伊予河野氏の名目的当主であった。養父は河野通直 (伊予守)

 
河野通軌
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 生年未詳
死没 没年未詳
別名 未詳
主君 河野通直(養父)→毛利輝元秀就
氏族 宍戸氏河野氏
父母 父:宍戸元秀?
養父:河野通直
兄弟 未詳
未詳
未詳
特記
事項
宍戸景好と同一人物説あり
テンプレートを表示

生涯編集

生年、没年ともに未詳。

豊臣氏によって大名としての河野氏が、養父通直の代で滅ぼされ、これに不満を持つ旧臣らによる文禄の役に赴く豊臣秀吉の暗殺未遂事件に関わったとされるが、真偽は不明である。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、支援者である毛利氏に同調して西軍に与し、主力とは別に安芸国より毛利輝元の家臣・宍戸善左衛門(景好、通軌と同一人物説あり)および浪人・村上武吉村上掃部、能島内匠、曽根兵庫ら諸将と旧領回復を目指して加藤嘉明が留守中の伊予国に兵2,500を率いて攻め込むが、嘉明の老臣・佃十成が兵200で三津で夜襲して撃破し、掃部・内匠・兵庫らが斬られ、(三津浜夜襲)さらに元吉が討死するなどして敗れてしまい、(三津刈屋口の戦い四国攻め)、さらに河野氏残党の平岡善兵衛の立て籠もった久米如来寺も攻略されてしまう。蜂起した一揆勢もことごとく鎮圧され、関ヶ原の東軍勝利の知らせが届くと、毛利勢は撤退してしまい、河野氏の再興はならなかった。

通軌と宍戸景好編集

通軌と宍戸景好は同一人物とされているが、「三丘宍戸家系」「宍戸系譜」「防長諸家系譜」には景好と通軌の関連については記されていない。また、宍戸景世平岡通賢と同一人物説あり)が通軌であったともされる。「河野家譜 築山本」では、通直の後に宍戸氏出身の人物が河野氏を継ぎ、通軌と名乗ったとされ、同書は後に通軌が周防国山口で死去したと記している。しかし、通軌と自称した人物の存在を証明するものは確認されていない。