メインメニューを開く

河野 高明(こうの たかあき、1940年1月4日 - 2010年4月22日)は、神奈川県横浜市出身の元プロゴルファー

No image.svg 河野 高明 Golf pictogram.svg
Takaaki Kouno
基本情報
名前 河野 高明
生年月日 (1940-01-04) 1940年1月4日
没年月日 (2010-04-22) 2010年4月22日(70歳没)
身長 162 cm (5 ft 4 in)
体重 60 kg (132 lb)
出身地 神奈川県横浜市
経歴
殿堂表彰者
選出年 2017年
選出部門 レジェンド
2017年2月13日現在
テンプレートを表示

人物編集

保土ヶ谷中学卒業後、父親が勤務していた程ヶ谷CCでキャディをしながらゴルフを修業し、1959年に19歳でプロテストに合格。弟の光隆が日本プロを連覇(1965年1966年)するなど先に大きく羽ばたいたため、兄の高明はその陰に隠れた形となっていたが、1967年関東オープンで初優勝を飾ったのを機に急成長。同年は日本シリーズも制したほか、ブラジルオープンで海外初制覇も果たす。1968年には日本オープン・日本シリーズの2冠を達成し、同年から1972年まで5年連続でワールドカップ日本代表に選出され、1969年団体2位、1971年団体・個人2位の好成績を挙げる。1969年から1973年まで5年連続でマスターズにも出場し、初出場の1969年に13位の奮闘ぶりを見せると、1970年には当時の東洋人最高位の12位と快挙を成し遂げる。162cmという小柄な身長で奮闘する姿から「リトル・コーノ」の愛称で多くの観客から愛され、出場し続けた5年間で4つのイーグルを残し、特に初出場の1969年、パー4の17番で奪ったイーグルは世界中に衝撃を与えた。国内では1970年に5勝を挙げて日本人初の1000万円プレーヤーとなり、同時代に活躍した安田春雄杉本英世と共に「和製ビッグ3」と称され、プロゴルフ人気を高めることにも大きく貢献。

2003年から2008年まで日本プロゴルフ協会理事を務めたが、2005年には協会長選挙を巡って暴力団関係者に拉致・監禁される事件もあった。2009年肝臓癌を患って体調を崩し、2010年4月には秋田県玉川温泉に療養に出ていたが、吐血して仙北市の病院に入院。22日死去[1]。70歳没。

出典編集

外部リンク編集