沸騰ワード10』(ふっとうワードテン)は、日本テレビ系列2015年10月30日から毎週金曜日 19:56 - 20:54(JST、2016年3月までは『1900』金曜枠)に放送されているバラエティ番組。通称は「沸騰ワード」。

沸騰ワード10
ジャンル バラエティ番組
企画 水嶋陽(演出兼務)
演出 水嶋陽(企画兼務)
高橋左和己
工藤恵司
出演者 バナナマン
設楽統日村勇紀
カズレーザーメイプル超合金
岩田絵里奈(日本テレビアナウンサー
ほか
製作
プロデューサー 笹木哲
新井秀和(統轄P)
秋山健一郎CP
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
レギュラー放送(ローカルセールス時代)
放送期間 2015年10月30日 - 2019年9月27日
放送時間 金曜日 19:00 - 19:56
放送枠 1900( - 2016年3月)
放送分 56分
回数 115
レギュラー放送(全国ネット時代)
放送期間 2019年10月25日 -
放送時間 金曜日 19:56 - 20:54
放送分 58分
単発放送第1回
放送期間 2014年4月7日
放送時間 月曜日 23:59 - 翌0:54
放送枠 プラチナイト
放送分 55分
回数 1
単発放送第2回
放送期間 2014年7月13日
放送時間 日曜日 13:15 - 14:15
放送枠 サンバリュ
放送分 60分
回数 1
単発放送第3 - 5回
放送期間 2014年10月3日・2015年3月20日・同年10月9日
放送時間 金曜日 19:00 - 20:54
放送分 114分
回数 3
テンプレートを表示

さまざまな業界で話題沸騰の得するキーワードを公開する。

2014年から4度の単発特番を経て同年10月9日にはレギュラー放送に先駆けて5回目の単発特番を放送した後、2019年10月18日より金曜19時枠に『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』が開始したため、放送時間が1時間繰り下げ(19:56 - 20:54)された[1]

字幕放送に対応している(設楽の声が黄色、沸騰ディレクターの声が水色、日村の声が緑色[注 1])。

出演者編集

司会
沸騰リーダー
沸騰メンバー(レギュラー)
進行
準レギュラー
ほか
沸騰リポーター
基本的には担当ディレクターが沸騰ディレクターとして直接リポートするが、一部のVTRでは芸能人リポーターが登場する。リポーターを兼任する準レギュラーや一部ゲストは沸騰ディレクターと同じ衣装(カッターシャツ[注 3]サスペンダー、スラックス)を着用している。また番組最後にゲストからの告知を行う際にはゲストの沸騰ワードとして告知作品のタイトルを挙げる事が慣例となっている。

過去の準レギュラー編集

過去の進行アナウンサー編集

主なコーナー編集

ガイドブックに載ってない沸騰島
日本各地にある離島を沸騰ディレクターが取材し、島の文化や流行を調査する。
取り憑かれた芸能人
1人の芸能人に密着し、その芸能人が取り憑かれている事柄(主に食べ物や趣味)について調査する。「コストコに取り憑かれた矢田亜希子」「立ち食いに取り憑かれた佐藤栞里」「自衛隊に取り憑かれたカズレーザー」「ステータス[注 5]修行」(風間俊介→高橋茂雄&福地桃子)など、シリーズ化されるものもある。
伝説の家政婦・志麻さん
伝説の家政婦・タサン志麻が芸能人の自宅を訪問し、契約時間3時間で自宅にある食材を駆使して作り置き料理を振る舞う。志麻が産休時にはmakoが代理を務めた。
1億円稼ぐ静岡のタケノコ王→幻食材ハンター・静岡のタケノコ王
白子タケノコを量産し1億円を稼いだ静岡のタケノコ王に密着。武井壮みやぞんとの対決などが放送された。現在は山梨のキノコ王、ゲスト芸能人と共に山に入り幻食材を探すという内容が多い。
街の変わり者
電気代0円で生活する主婦など街の変わり者を調査する。
名字頂上決戦
日本一の品揃えを誇るはんこ屋と名字研究家・高信幸男が珍名をかけて対決。高信が出した珍名がはんこ屋の在庫にあれば、はんこ屋がそのはんこを押印し、なければ「降参」のはんこを押して10戦中の勝敗数を競う。現在まで全ての対決ではんこ屋が勝ち越している。

ネット局編集

『沸騰ワード10』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況 備考
ローカル枠時代 ネット枠時代 ローカル枠時代 ネット枠時代
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 金曜 19:00 - 19:56 金曜 19:56 - 20:54 制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC)[注 6]
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS) [注 7]
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[注 8]
岩手県 テレビ岩手(TVI) 日本テレビ系列 金曜 19:00 - 19:56[注 9] 同時ネット
または
遅れネット
[注 10]
広島県 広島テレビ(HTV) [注 11]
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) [注 12]
富山県 北日本放送(KNB) 日曜 12:00 - 12:56 遅れネット [注 13]
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 金曜 1:57 - 2:59[注 14] [注 15]
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 火曜 0:54 - 1:59[注 16] [注 17]
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
木曜 9:50 - 10:50 遅れネット [注 18]
沖縄県 琉球放送(RBC) TBS系列 日曜 14:00 - 15:00 土曜 12:57 - 13:54
  • 2019年9月までの通常時遅れネット局では、スペシャル放送時は19:56以降がネットワークセールス枠である関係上、19:56からの短縮版を日本テレビからの裏送りで放送する[注 19]形で臨時同時ネットとなる(編成によってはローカル番組を休止して臨時フルネットとなることもある)。左記の局で自社制作の野球中継を予定するも、試合中止時には、本番組が通常放送であっても臨時ネットとなることがある。全編ローカルセールス枠のため、通常時同時ネット局でも、週によっては自主編成となる場合があり、その場合は遅れネットまたは臨時非ネットとなっていた(全編ローカルセールス枠時代の当該日がスペシャル放送時は通常時遅れネット局と同様に19:56からの短縮版を日本テレビからの裏送りで放送。この対応は2019年10月以降も同様に行われている。)。
  • 2019年9月までの通常時遅れネット局の一部では自社制作の野球中継に差し替える局もあったが、2時間スペシャル放送時にまれに野球中継ではない自社制作の2時間枠の番組への差し替えを行う局があった。

スタッフ編集

レギュラー版(※=レギュラー版から加入)
  • 企画・演出:水嶋陽
  • 構成:石塚祐介、大谷裕一、キンダイチ
  • ナレーター:あおい洋一郎
  • TM:木村博靖
  • SW:津野祐一(以前はSW/CAM)
  • CAM:加美山稔(※)【週替り】/西阪康史、出野裕史(共に※)
  • MIX:中山貴晴
  • VE:佐久間治雄(※)
  • 照明:仲野貴信(※)【週替り】/村上洋平(※)
  • ロケ技術:ワンオアエイト、エスパシオ、J-CREW、ランブルビー【週替り】/Be ZERO、Zeta、だだだ、プレゼンスクルー、TSP、FINDERS、白石晋也、SOW、ウィッシュプロ
  • 美術プロデューサー:栗原和也(※)
  • デザイン:田澤奈津美
  • メイク(※):奥松かつら
  • 大道具(※):葛尾圭司
  • 小道具(※):片岡あさみ【週替り】/市橋理恵
  • 編集:西井一浩(※)
  • MA:森川享祐(※)
  • 音効:鈴木信行(第2回と※)
  • TK:坂本幸子(※)
  • リサーチ:神谷翔(第4・5回、※)
  • CG:藤井彩人
  • 技術協力:NiTRO
  • 美術協力:日テレアート
  • デスク:富重裕子(※)
  • AD(※):村上万奈、松下陽菜子、小椋太一、原井瞭、原田理恵、木村達弥、坂彩月、亀井理美【週替り】/伊藤優海、新井夏美、飯塚菜々子、砂川隼樹、藤本黎、南斉岬、長谷川未咲、森仁美、吉岡弘晃、御厨洋平、石井比奈子、大森遼、村田彩香、琴塚哲朗、根田涼太郎
  • AP:吉野雅美、城美幸、徳江澄夏、柿坂陽美、髙橋洋平、阿部瑠菜(以前はAD)【週替り】(全員→※)/小暮美帆、後藤清美、髙次萌(全員→※)
  • ディレクター:森谷将(森谷→以前は演出/ディレクター)、太田大介、石川雅英、高橋昴平、上野詩織、大塚太智、橋本宗太郎(石川・橋本→以前はAD、太田以外→※)【週替り】/三上昭人、本橋宏之、吉田稔、斉(齊)藤篤史、久保基樹、森山悠、加藤昌義、中村文彦、柳沼宏輔(久保・森山→以前はAD)、渡辺将太(アンメック)(全員→※)
  • 演出:高橋左和己(アンメック→スーパーレフト)、小倉寛太、工藤恵司(工藤→第3回も演出、ジッピー)、武信考(Sp!ceFactory)、中根拓也(高橋・工藤以外→※)【週替り】/大喜多高志(以前は演出/ディレクター)、財津猛(第4,5回はディレクター→一時離脱)(大喜→※)
  • プロデューサー:笹木哲/高橋葉子、佐藤三羽一、森美紀子、中澤亜友、小澤亜都沙(セプテンバー)、本橋由美子(ジッピー)、中田敦子、佐藤里絵(Sp!ceFactory)、山下仁志(山下→以前はアシスタントプロデューサー►一時離脱►復帰)、磯和伸明(えすと)、伊藤実枝子、岡野敬介【週替り】/藤田幸伸・岩田真奈美(Sp!ceFactory)、佐藤俊一(アンメック)(佐藤俊・本橋以外→※、藤田→以前はディレクター、森→以前は制作進行、笹木・高橋・小澤・伊藤・中澤→共に以前はアシスタントプロデューサー)
  • 統轄プロデューサー:新井秀和(2020年10月2日-、第5回-2020年9月18日まではプロデューサー)
  • チーフプロデューサー:秋山健一郎(※2020年10月2日 -)
  • 制作協力:ZIPPY PRODUCTIONえすとSp!ceFactory、セプテンバー、スーパーレフト(えすと〜スーパー→※)
  • 製作著作:日本テレビ
過去のスタッフ
  • ナレーション:田子千尋(第3回)
  • 構成:廿楽大輔、永井ふわふわ、吉川泰生
  • 美術:佐藤千穂(第3回まで)
  • 美術プロデューサー:杉山知香(特番時は美術と表示)
  • 小道具(※):高橋吉彦
  • SW:村上和正
  • CAM:濱川和人(第2回)、岡田勇輝、渡邊晃、佐原陽平(岡田以降→※)
  • VE:八木一夫(第2回)、飯島友美(第3回)、石野太一(第4・5回)、塩原和益、笈川太(塩原・笈川→※)
  • MIX:太田黒健至
  • 照明:千葉雄(第2回)、粂野高央(第3回)、加藤恵介(第4・5回)、下平好実、青山桃子、小川勉、藤山真緒、千葉雄(下平以降→※)
  • 技術協力:イカロス(第2回)、ヌーベルバーグ(第3回)
  • ロケ技術:イメージランド、ビデオウイング
  • メイク(※):小野かおり
  • 電飾(※):鈴木雄蒔
  • 編集:加納敏行(第2回)、行木忍(第3回)、田中直人(第4・5回)、鶴了道、山本裕貴(鶴・山本→※)
  • MA:飯塚雄一(第2回)、山本宗太(第3回)、河野翔平(第4・5回)、古谷栄美(※)
  • 音効:今野直秀(第3~5回)
  • リサーチ:大森智仁、下澤由紀子(共に第3回まで)、橋本幸(雪)絵(第4回)
  • TK:山際慎子(第5回まで)
  • デスク:田口美和子(第5回まで)
  • アシスタントプロデューサー:水野優子(第3回まで)、横須賀淳(第3回 -)、篠田雅美(特番第2回のみ制作進行)、小野美由紀、松田彩、橋本早世、齋藤恵(齋藤→第3〜5回)、望月祐歌、高村幸恵、渡邊裕美、湯田遥水、明田未妃、海老澤友美子(明田・海老澤→一時離脱►復帰、小野以降・明田・海老澤以外→※)
  • 演出補:高橋有紗、堀いづみ、勝井寛敏(共に第3回)、小嶋克也(小嶋→第3~5回)、福谷文香(福谷→第3~5回)、石川将伍(石川→第4・5回)
  • AD(※):伊藤琴美、饒平名世李、長沼秀幸、水賀美佑太、中村敦(中村→第4,5回は演出補)、柳沼宏輔、高橋史弥、立川拓磨、谷内友美、寺島惇、寺下和貴、増子さおり、森田祥平、渋谷七海、斎藤吉晴、大森遼、明石穂乃香、中村文、袴田有美、大橋良平、中澤悠太、江崎恵玲奈、松本尚也、後藤衿奈、上岡平貴、折田晴洋、宗片麗、佛田桜彩、岡崎浩輝、石川正人、今出川敦、吉田未央、金子文香、竹馬勇喜、森生奈、前田彩里、渡辺大樹、佐伯順(週替り)
  • ディレクター:繭村友栄、藤野智光、佐久間葉一、田中絵美(共に第3回)、平井正寿、杉山聡、西山嘉昭、小林寛昭、髙橋政光、桑山ゆうり(ジッピー)、舩津翔(杉山〜舩津→第4・5回)、福田龍、櫛山慶、吉川翔、高梨智子、西村啓志、早坂渉、山越由貴、川畑俊介、東海林大介、白石公太、平澤賢宗、五十嵐優人、丸山太嘉志、ソネタマエ、松井美保、韮沢隆人、山村祐(裕)一、満冨洋隆(日企)、小野亮太、青木孝之、清水克洋、田野辺陽平、中村慎吾、吉濱明秀、永井洋之、清田知宏、鈴木隼、二神新、鈴木大二郎、岡部永寛、児山昌平(福田以降→※)
  • 演出/他回はディレクター:増田雄太(※)、伊澤洋介(※)
  • 演出:田口マサキ(第2回まで、アンメック)、水野雅之(第3回はD、他回は演出、ジッピー)、寺野慎一郎、小林淳一、松浦健太郎、遠藤達也、森田隆行(日企)、森山琢哉、成田真司(成田→以前はディレクター、つくりて)(寺野以降→※)
  • プロデューサー:道下綾子(第4回)、阿河朋子(えすと)、今井大輔、渡邊崇士、朝倉康晴(えすと)、須藤大介(日企)、白鳥凌(阿河以降→※)
  • 統括プロデューサー:糸井聖一(第4回)
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎(第4回まで)、遠藤正累(第5回-※2019年5月)、納富隆治(※2019年6月7日 - 2020年9月18日)
  • 制作協力:つくりて、日企(共に※)、アンメック

番組テーマ曲編集

その他、「1億円稼いだ静岡のタケノコ王」のコーナーではボン・ジョヴィを中心とした洋楽ロックが、「ガイドブックに載ってない沸騰島」ではドラゴンクエストシリーズの楽曲が使用される傾向にある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2017年10月頃までの放送は郡司恭子(日本テレビアナウンサー)の声が水色だった。
  2. ^ 2020年4月10日放送分から登場。
  3. ^ 通常は白だがカズレーザーのみ赤を着用している。
  4. ^ 2020年3月27日放送分をもって卒業。
  5. ^ 航空会社のステイタスポイント。
  6. ^ テレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局でもあるが、テレビ朝日系列の一般番組供給部門には非加盟で、日本テレビの公式ウェブサイト上でも単独ネット扱い。
  7. ^ 2017年3月までは日曜 1:00 - 2:00(土曜深夜)、同年4月から2019年6月まで月曜 10:25 - 11:23に放送。2019年6月まで本番組の時間帯に自社制作番組『ナイトシャッフルG』( - 2016年3月18日)→『頑張るキミに花束を!』(2016年4月15日 - 2019年6月28日)を放送していたが、同番組終了に併せ同時ネットに移行。
  8. ^ 2017年3月までは本番組の時間帯に『嵐にしやがれ』(同年4月から日曜 0:55 - 1:49に移動)を遅れネットしていたため、スペシャル放送時のみ同時ネット(金曜20時台がネットワークセールス枠であり原則フルネットだが、2016年7月29日は『行列のできる法律相談所』〈同月24日放送分。この日のUMKは『FNS27時間テレビフェスティバル!』を放送〉を19:00 - 19:56に遅れネットしたため飛び乗り)だったが、2017年4月から同時ネットに移行。特番時代は、第1弾を同時ネットした実績がある。
  9. ^ ※毎月1回自社制作番組に差し替え。
  10. ^ 2018年4月27日から本番組の時間帯に自社制作番組『Movin'いわて』(2018年4月 - 2019年3月)→『金曜MOVE』(2019年4月 - )を毎月1回放送し、この場合は遅れネットとなる。
  11. ^ 本番組の時間帯に自社制作番組『もっと広島に恋しよう 金ぶち』(2015年10月23日 - 2016年12月16日)→『よくばりアリス』(2017年1月20日 - 2019年9月13日)を毎月1回(2017年1月 - 2018年3月は毎月2回)放送し、この場合は遅れネットとなる。
  12. ^ 2017年5月12日から本番組の時間帯に自社制作番組『かごピタEX』を毎月1回放送し、この場合は遅れネットとなる。
  13. ^ 2018年4月6日までは通常時同時ネット。同年4月20日から本番組の時間帯に自社制作番組『ワンエフ』(18:55 - 19:56)を放送しているため、遅れネットに移行した。
  14. ^ 木曜深夜。
  15. ^ 本番組の時間帯に自社制作番組『PS純金』を放送している。
  16. ^ 月曜深夜。
  17. ^ 本番組の時間帯に自社制作番組『大阪ほんわかテレビ』を放送している。
  18. ^ クロスネット局であり、金曜日はフジテレビ系列の番組をネットしている(金曜19時時代の本番組の時間帯は関西テレビ制作番組、現在はフジテレビ制作の『でんじろうのTHE実験』(20:00 - 20:54)を同時ネット)。また、テレビ宮崎と同様に特番時代は、第1弾を同時ネットした実績がある。
  19. ^ 内容は厳密な意味での飛び乗りとはならない。各局が自社で送り出しを行っているため、提供クレジットのテロップ・提供読みのアナウンサー・字幕放送の有無が異なる。

出典編集

外部リンク編集

日本テレビ 金曜 19:00 - 19:56枠(2015年度までは1900・金曜枠として放送)
前番組 番組名 次番組
笑神様は突然に…
(2013年4月19日 - 2015年9月18日)
※2015年3月までネットワークセールス枠
2015年4月以降はローカルセールス枠
沸騰ワード10
(2015年10月30日 - 2019年9月27日)
※ローカルセールス枠
日本テレビ系列 金曜 19:56 - 20:54枠
沸騰ワード10
(2019年10月 - )
※ネットワークセールス枠
-