メインメニューを開く

油井 賢太郎(ゆい けんたろう、1906年明治39年)3月12日[1] - 1984年昭和59年)7月23日[1][2])は、昭和期の実業家政治家参議院議員

経歴編集

福島県福島市[1][2]、実業家油井徳蔵の息子として生まれる[3]。1925年(大正14年)横浜商業学校(現横浜市立横浜商業高等学校)を卒業した[1][2]

卒業後、横浜正金銀行に入行[1][2]。以後、福島栄町郵便局長、九笹機業場監査役、福島絹織物元卸商業組合理事、福島絹人絹織物元配給常務取締役、福島県繊維品価格査定委員会第1部長、油井商店社長、不二社長、福島県織物元配給社長、信夫精器取締役、福島絹業取締役、中央防火塗装社長などを務めた[1][2]

1947年(昭和22年)4月の第1回参議院議員通常選挙福島地方区から出馬して当選し、その後、自由党に所属して参議院議員を1期務めた[1][2]。この間、参議院地方行政委員長などを務めた[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『新訂 政治家人名事典』664頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』440頁。
  3. ^ 『福島県史 第22巻 (各論編 8 人物)』福島県、1972年、514頁。

参考文献編集

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。