油坂スキーパーク(あぶらさかスキーパーク、通称:油坂スキー場)は、岐阜県郡上市に存在していたスキー場である。 1933年(昭和8年)に開場し、2004年(平成16年)に営業を終了した。閉鎖されるまでは岐阜県最古の老舗スキー場であった。 名古屋鉄道が中心となる名鉄グループ岐阜観光索道金華山ロープウェイ)が運営していた。

コース編集

ゲレンデはリフト2基、最長距離1,000mの2コースだったが、練習に適したコンパクトなゲレンデでファンも多く、平日のナイター営業もされていた。ここで技術を磨き競技スキーの道に進んだ選手もあった。また、ゲレンデが国道158号線のトンネルの上をまたいでいる珍しいロケーションであった。古くからのスキー愛好家には馴染みのスキー場であった。

リフト編集

  • ペアリフト1基、シングルリフト1基

施設編集

閉鎖後の資源活用編集

郡上市は閉鎖したゲレンデをキャンプ場や釣り堀などのレジャー施設(油坂さくらパーク)を整備し、 地元住民で作る会社が経営している。

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集