油尖旺区

香港の行政区

油尖旺区(ゆうせんおうく、広東語読み:ヤウチムウォンキョイ)は香港行政区画の一つ。九龍半島の西に位置し、九龍の中心市街地を含む。香港の行政区で3番目に人口密度が高い。

油尖旺区
Yau Tsim Mong District
Hong Kong Yau Tsim Mong District.svg
地区 九龍西
面積 6.55k㎡
総人口 (2021年) 310,647人
人口密度 49,046人/k㎡
成立日時 1994年
民政事務専員 余健強
区議会主席 林健文
区議会選挙区数 20
尖沙咀

地理編集

歴史編集

油尖旺区は1982年に成立した「油尖区」と「旺角区」が1994年に合併して成立した。名前は油麻地(ヤウマーテイ)、尖沙咀(チムサーチョイ)、旺角(モンコック)の頭文字による。合併前の旺角区は、香港で最も面積が小さく人口密度が最大だった。

教育編集

大学編集

中学校編集

小学校編集

交通編集

鉄道編集

(屯門方面)- 柯士甸駅 - 尖東駅 - 紅磡駅 - (烏渓沙方面)
(会展方面)- 紅磡駅 - 旺角東駅 -(羅湖方面)
(黄埔方面)- 油麻地駅 - 旺角駅 - 太子駅 -(調景嶺方面)
(中環方面)- 尖沙咀駅 - 佐敦駅 - 油麻地駅 - 旺角駅 - 太子駅 -(荃湾方面)
(香港駅方面)- 九龍駅 - (空港方面)
(香港駅方面)- 九龍駅 - 奥運駅 -(東涌方面)
香港西九龍駅 - (深圳・広州方面)

道路編集

幹線道路
市区道路

バス編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

座標: 北緯22度19分17秒 東経114度10分21秒 / 北緯22.32139度 東経114.17250度 / 22.32139; 114.17250